編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
調査

「10年後はクラウドERPに置き換える」3割--ガートナー調査

NO BUDGET

2017-02-19 07:00

 ガートナー ジャパンは2月6日、日本におけるクラウドERPの利用動向に関する調査結果を発表した。同調査は、日本全国の従業員数20人以上のITユーザー企業約2,800社へのアンケート回答をベースにしている。

 これによると、現在のところ「ERPはクラウドでは利用しない」とした企業が73.8%に上った。しかし、5年後には24.8%、10年後には15.6%と急減することが分かった。また、「自社運用型ERPのほとんどをクラウドERPに置き換える」とした企業が現在の4.3%から10年後には28.0%と近くに増加する傾向にあることも判明した。


クラウドERPの利用イメージ (各1つ選択)

 企業規模別では、従業員数1000人以上の大企業の方が、同1000人未満の中堅・中小企業よりも「今後、ERPの機能をクラウドで調達しよう」と考えている傾向が強いことも分かっている。

 今後利用したいクラウドERPの業務用途については、財務会計が73.5%でトップとなり、次いで販売管理(57.5%)、人事給与(53.4%)となった。このことから、ガートナーでは、「記録システム」の側面が強い管理系ERPの領域でクラウドERPの利用を考える企業が多いとしている。また、複数の拠点で同じ仕組みを共有しやすく、外出先からモバイル経由でアクセスできる販売管理系が生産管理系の31.6%に比べて2倍近く選択された。

 さらに、クラウドERPへの期待と懸念に関しては、期待事項のトップ3として「導入コスト」「利用コスト」「セキュリティ」の順となった。懸念事項のトップ3は利用コスト、セキュリティ、サービスの存続性の順に多い結果となった。

 ガートナーでは今回の結果について、クラウドERPのコストとセキュリティについては過度な懸念や期待を持つのではなく、ベンダーの提案内容や運用能力を、現実に即して客観的に評価する姿勢が望まるとしている。評価方法としては、オンプレミスとの長期的な総合保有コストの比較や、第三者機関によるセキュリティおよび内部統制に関する評価結果の精査などが挙げられている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]