編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

あすか製薬、国内製薬業界初となるSAP S/4HANA最新版導入

NO BUDGET

2017-02-28 16:56

 JSOLは2月20日、あすか製薬に対して「SAP S/4HANA 1610」の導入支援を開始したと発表した。あすか製薬が導入するのは、SAP S/4HANAの最新版「SAP S/4HANA 1610」で、国内製薬業界初。

 導入プロジェクトは、2017年1月より開始しており、2018年4月の稼働開始を目指している。

 あすか製薬は、2016年4月に5カ年中期経営計画を策定し、その中で、コスト構造の見直しや生産性向上の実現のため、ERP(統合基幹業務システム)の導入を掲げている。今回構築するシステムを将来の成長に向けた業務改革達成の礎となる基幹システムと位置づけている。

 JSOLはSAP ERP導入プロジェクトで数多くの実績があり、そのノウハウを集約したSAP ERPテンプレート「J-Model」を整備している。このテンプレートは、医薬業界、食品・CP業界他、多数の導入実績があり、短期間、低コストでのSAP ERPの導入を実現してきたとする。

 また、SAP S/4HANAにも対応しており、SAP S/4HANAの高度なデータ処理機能を生かせるとして、プロジェクトのメインベンダーに選定されたとのこと。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]