課題解決のためのUI/UX

ユーザーの注意力を無駄遣いさせない--「うっかり」を克服するためのUIUX

綾塚祐二 2017年04月06日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月末にAmazon Web Service(AWS)のクラウドストレージサービス、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)が長時間ダウンするという障害があった

 原因は、デバッグ作業中のコマンドの入力ミスだという。

 ごく一部のサブシステムを切り離すはずが、この入力ミスにより想定外の規模のシステムを切り離してしまったらしい。

 そこにいくつかの他の要因も加わって、異例の長時間になってしまったようである。

 「過つは人の常」なので、人間(ユーザー)が関わるシステムを設計する際には大小さまざまな「起こりうるミス(ヒューマンエラー)」を想定しなければならない。

 ユーザーとシステムが関わる部分であるのでまさにUIの話である。

 そしてユーザーもミスをしたくてするわけではないのでその内面まで考えるべきであり、UXにも関わる話である。

 今回はそのあたりを見ていきたい。

ユーザー側よりも、システム側で対策する

 まず、初めに強調しておくべきなのが、ヒューマンエラーが原因で事故などが起きたときに、エラーを起こした当人に(過度な)責任を負わせてはいけない、ということである。


 ヒューマンエラーやUIなどに関して詳しくない、あるいは誤解している人たちであれば「『うっかり間違える』というのはうっかりしている当人が全て悪い」と信じて疑わないかもしれない。

 しかし、そのエラーはUIの設計のせいで(ほぼ)必然的に引き起こされたものかもしれないし、エラーをきちんと想定していないシステムのせいで問題が大きくなってしまったのかもしれない。

 また、繰り返すが、そもそも「人間はヒューマンエラーを起こすもの」なのである。

 身もフタもないが、最大の対策は「自動化できる部分は自動化するなど、人間が操作・確認すべきところを減らす」である。

 人間が操作・確認せざるをえないところのヒューマンエラーへの対策としては、「ミスをしないように気をつける」ではなく、まずはエラーを起こしにくいUIを設計すべきである。

 特に、同じミスが繰り返し起こるようであれば、情報デザインも含めUIでの対応は必須である。

 そして、それでもヒューマンエラーはゼロにはできない。何か間違えたときや意図と違うことが起きた際に気づきやすいUIの設計や、小さなヒューマンエラーがすぐに大きな影響につながらないようなシステムの工夫、訂正やリカバリも素早くできるようなシステムの設計などを考えるべきである。

 冒頭で述べたAWSの事例でも、そうした対策が取られたと伝えられている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算