編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、Intentional Softwareを買収へ--Word開発のシモニー氏もMSに復帰

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-19 11:04

 Microsoftは米国時間4月18日、Intentional Softwareを買収すると発表した。ワシントン州ベルビューに拠点を置くIntentional Softwareは、Microsoftに在籍していたこともある、インテンショナルプログラミングの専門家Charles Simonyi氏が立ち上げた企業だ。なお、買収金額は明らかにされていない。


 Simonyi氏はMicrosoft在籍中、「Excel」や「Word」を含む同社の生産性アプリケーションの開発を監督する立場にあった。Intentional Softwareの創業者であり、会長兼最高技術責任者(CTO)である同氏とそのチームは、今回の買収によって古巣のMicrosoftに戻り、Officeグループに加わるという。

 2002年に創業されたIntentional Softwareは当初、「インテンショナルプログラミング」というコンセプトを用いてプログラミングから複雑さを取り除くことに注力していた。このコンセプトは、Microsoft Researchにおける同氏の研究に端を発している。

 Simonyi氏は1981年から2002年までMicrosoftに在籍していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]