中国ビジネス四方山話

愛国心訴求から既存産業破壊へ--変化した中国企業

山谷剛史 2017年04月25日 10時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国人は愛国心が強い。現在の政治体制は好きでなくとも、中国人・中華民族的なものを大切にする、これもまた愛国心があるといえる。中国は政府も民間も愛国心を鼓舞し、経済大国として技術大国としてのし上がってきた…ように見える。「ように見える」と書いたのは、最近あまり愛国心に訴える新製品やサービスの発表を見た記憶がないのだ。

 筆者の記憶にあるのは、「愛国者( http://www.aigo.com/ )」というメーカーだ。中国を代表するPC周辺機器メーカーで、マウスやキーボードから、外付けHDD、ポータブルプレーヤー、デジカメまで様々な製品を発売していた。愛国心に訴えた製品では、終戦記念日の8月15日(向こうでは戦勝記念日)の数字とVictoryの頭文字からとったデジカメ「愛国者V815」などが挙げられる。

 また中国が制定したDVDの上位互換規格「EVD」でも、プレーヤー販売メーカーは愛国心を元にDVDの期日までに出荷を終了しEVD1本にすると宣言したり(結局ほとんどのメーカーもEVDを販売することなくDVDを販売し続けた)、独自CPUを開発する組織から製品が一向に出ない代わりに同組織WEBページで愛国を訴える開発者の合唱の動画があげられたりと、小中企業ではしばしば愛国心に訴えるニュースやリリースを見ることがあった。

 中国を代表する大企業もはじめは小企業で、愛国心で消費者に買ってもらうよう訴えることがあった。PCのレノボ、家電のハイアール、動画のYouku、ECの阿里巴巴(アリババ)、スマホの小米(シャオミ)などの経営者の起業術が書かれた高口康太氏の新書「現代中国経営者列伝」(星海社新書)によると、歴史の比較的長いレノボやハイアールまでは愛国心に訴えていた時期があったという。

 この本ではレノボ(当時はレジェンドと呼ばれていた)について、『当時の中国では海外製品の大量流入により、民族ブランド(国産ブランド)が壊滅するのではとの危機感が高まっていた。1996年には「中国ブランド大会」なるシンポジウムまで開催されている。海外企業の参加はお断りというこのイベントでは、現状はアヘン戦争後の半植民地状態と同様だと訴え、「祖国の滅亡を救い、民族工業を振興せよ」、中華民族は外敵に打ち勝たなければならないと熱く語られた。

 席上、柳は「中国から民族工業が失われたらどうしますか?」と質問され、「どうもこうもない。食い物にされるだけだ」と語っている。こうしてたんなる一企業ではなく、外敵と戦う救国英雄としての地位を固めていった』(同書第1章 「下海」から世界のPCメーカーへ 柳傳志(レノボ)より)としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算