Rethink Internet:インターネット再考

人類は「テクノロジによるバージョンアップ」をイメージできていない

高橋幸治 2017年05月03日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、いま、「サピエンス全史」がもてはやされているのか

 イスラエル人歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリによる『サピエンス全史 文明の構造と人間の幸福』(河出書房新社刊)が売れているようである。上下二分冊で計500ページを超す大著だが、今年1月にNHKで同名の番組が放映されたということもあってか、Amazonでもここ数カ月常にベストセラーとしてランキングされている。

 同書は世界中に分布していたホモ属の中でなぜ私たちの直接の祖先であるサピエンスだけが現代のような繁栄を謳歌するに至ったのか、なぜ同じホモ属のネアンデルターレンシスやエレクトスやフローレシエンシスは滅亡の憂目に遭わざるを得なかったのか……を、「虚構の創造」という仮説をもとに筆者独自の視点から考究した刺激的な書物である。


ハラリ『サピエンス全史』
2017年を代表するベストセラーになるかもしれないユヴァル・ノア・ハラリによる『サピエンス全史 文明の構造と人間の幸福』(河出書房新社刊)。資本主義や貨幣制度はサピエンスが創造したひとつの虚構でありひとつの宗教であるとの主張は説得力がある

 それにしても、やれ「シンギュラリティー」だの、やれ「ロボット」だの、やれ「人工知能」だのといったキーワードが日々飛び交ってる昨今、どうしてよりにもよって人類の歴史を振り返る書物がこれほどまでに注目を集めているのか……。

 それは取りも直さず、シンギュラリティーへの途上にある私たちが、いま、「人間」という存在の再定義を迫られているからではないだろうか。テクノロジの未来を考えるということは、すなわち人間の未来を考えるということである。

 未来を語るということはすなわち私たちが所属する社会の未来を語ることであり、私たちが従事する産業の未来を語ることであり、そして、私たちが信奉する幸福感や道徳観、倫理観の未来を語ることである。

 とかくテクノロジの劇的な進化に対する論及は一見したところ人間の疎外論や不要論として受け取られがちだけれども、その本質は実のところ「人間とは何か」、さらには「これから私たちはどこへ向かうのか」という原初的な問いに根差している。

 インターネット第二四半世紀に突入したまさにこのときが、私たち人類の行く末を決定する重要なターニングポイントなのだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算