編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
Rethink Internet:インターネット再考

人類は「テクノロジによるバージョンアップ」をイメージできていない

高橋幸治

2017-05-03 07:00

なぜ、いま、「サピエンス全史」がもてはやされているのか

 イスラエル人歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリによる『サピエンス全史 文明の構造と人間の幸福』(河出書房新社刊)が売れているようである。上下二分冊で計500ページを超す大著だが、今年1月にNHKで同名の番組が放映されたということもあってか、Amazonでもここ数カ月常にベストセラーとしてランキングされている。

 同書は世界中に分布していたホモ属の中でなぜ私たちの直接の祖先であるサピエンスだけが現代のような繁栄を謳歌するに至ったのか、なぜ同じホモ属のネアンデルターレンシスやエレクトスやフローレシエンシスは滅亡の憂目に遭わざるを得なかったのか……を、「虚構の創造」という仮説をもとに筆者独自の視点から考究した刺激的な書物である。


ハラリ『サピエンス全史』
2017年を代表するベストセラーになるかもしれないユヴァル・ノア・ハラリによる『サピエンス全史 文明の構造と人間の幸福』(河出書房新社刊)。資本主義や貨幣制度はサピエンスが創造したひとつの虚構でありひとつの宗教であるとの主張は説得力がある

 それにしても、やれ「シンギュラリティー」だの、やれ「ロボット」だの、やれ「人工知能」だのといったキーワードが日々飛び交ってる昨今、どうしてよりにもよって人類の歴史を振り返る書物がこれほどまでに注目を集めているのか……。

 それは取りも直さず、シンギュラリティーへの途上にある私たちが、いま、「人間」という存在の再定義を迫られているからではないだろうか。テクノロジの未来を考えるということは、すなわち人間の未来を考えるということである。

 未来を語るということはすなわち私たちが所属する社会の未来を語ることであり、私たちが従事する産業の未来を語ることであり、そして、私たちが信奉する幸福感や道徳観、倫理観の未来を語ることである。

 とかくテクノロジの劇的な進化に対する論及は一見したところ人間の疎外論や不要論として受け取られがちだけれども、その本質は実のところ「人間とは何か」、さらには「これから私たちはどこへ向かうのか」という原初的な問いに根差している。

 インターネット第二四半世紀に突入したまさにこのときが、私たち人類の行く末を決定する重要なターニングポイントなのだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]