Dell EMC World

パブリッククラウド対抗策などDell EMCの取り組み--買収メリットを最大限に - (page 2)

末岡洋子

2017-05-20 07:00

 次に、Goulden氏は、アプリケーションの土台となるインフラについて説明した。ここでのキーワードは「モダンなアーキテクチャ」だ。上記のようにアプリケーションは種類が拡大し、性質を変えつつある。支えられるできるデータセンターインフラが必要、というのだ。

 具体的にはどのようなものか。フラッシュベース、スケールアウトプラットフォーム、ソフトウェア定義、クラウド対応、安全などを挙げる。これらの要素を備える必要があるが、手っ取り早い方法として近年注目を集めているのがコンバージドインフラだ。

 Dell EMCは2009年にVMware、Ciscoとの協業により実現した「VBlock」で先駆け、ハイパーコンバージドインフラのVxRailも持つ。Dell EMC Worldでは「VxRails 4.5」を発表、後述する14世代のサーバ、vSANなどを組み合わせたもので、価格は約2万5000ドル。「中堅中小企業の利用に最適」とGoulden氏は言う。

 製品だけではない。Dell EMCは「柔軟性のあるコンサンプション(消費)モデル」として、VxRail向けの「Cloud Flex」も発表した。初期導入コストはゼロで、使用量に応じて課金される従量課金形式をとる。Cloud Flexという名称どおり、技術的(ハイパーコンバージド)にも財務的にも、クラウドのような感覚で利用できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]