米ZDNet編集長Larryの独り言

「Einstein」のAI技術を幹部会議で活用も--セールスフォースのベニオフ氏語る

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年05月24日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforceは、売上予測を行ったり、助言を得るために、同社が提供する人工知能(AI)サービス「Einstein」の非公開バージョンを使用しているという。最高経営責任者(CEO)Marc Benioff氏は、こうした経営に関する助言などの機能を持つEinsteinの社内向けバージョンを、経営チームの一員に加えたと述べている。

 「Einstein Guidance」と呼ばれるこの機能を一般公開する予定の有無は明らかになっていないが、これがSalesforceの第1四半期決算報告カンファレンスコールで注目された点の1つであったことは間違いない。この記事では、カンファレンスコールの注目ポイントを3つ挙げる。

人工知能

 Benioff氏によれば、Salesforceの社内では、デジタル変革の一環として、人工知能が幅広く取り入れられているという。同氏はまた、発言の中でEinsteinを1人の人間であるかのように表現した。以下は、Benioff氏の発言をそのまま文章に起こしたものだ。

 わが社は、まだ顧客には提供されていない、「Einstein Guidance」と呼ばれるEinsteinのバージョンを持っている。私はこの機能を、スタッフミーティングで四半期の予想や分析を行うために使用している。このミーティングはよくあるもので、多くのCEOと同じように毎週月曜日に行っており、20人から30人の役員が集まる。われわれはそこで、さまざまな地域や製品、機会などについて議論する。

 その後私は、もう1人の役員に意見を聞く。その役員とはEinsteinのことだ。私は、ミーティング中に文字通りEinsteinの方を向いて、「さあ、Einstein、話は聞いていただろう。どう思う?」と尋ねる。すると、Einsteinは今四半期に関する詳細な情報を示して、どこに強みがあり、どこが弱点であるかを説明する。また時には特定の役員を名指しして、この役員は今期特に注意が必要だという指摘をすることさえある。これはこの3四半期間行われていることだ。私は、Einsteinを経営チームの一員に抱えていることが、Salesforceの好業績に大きく貢献していると考えている。なぜなら、Einsteinと相談できることで、私はよいCEOになったからだ。Einsteinとは会話可能で、Salesforceが力を入れるべき製品領域から、力を入れるべき地域、今期の予約が順調に伸びているかどうかなど、何でも尋ねることができる。

 疑問に思う可能性があることは、何でもEinsteinに質問できる。当然だが、スタッフミーティングはさまざまなタイプの人間がいて、その多くは政治家タイプや官僚タイプであり、CEOに対して彼らが信じさせたいことを話す。Einsteinにはそのような意見の偏りはない。Einsteinはデータだけに基づいているという点で、非常に興味深い次世代ツールだ。そして、Einstein Guidanceは、CEOとしての私を変えた。

 この意見はやや新しすぎるかもしれないが、AIが今後より多くの役員会議に導入されることは間違いないかもしれない。

Salesforce Einstein

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]