編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

第2回:要求だけでは使い物にならない?--要件定義で最初に気を付けるべきポイント - (page 2)

村岡恭昭 (IPA/SEC技術研究員)

2017-05-31 07:00

白山:前回ご提案した物件はいかがでしたでしょうか。

千石夫人:ええ、よい物件でしたけど、私たちの希望とあわなくてちょっと……。

千石君:本日はいくつか物件を紹介していただけるとのことですが……。

白山:あれから私どもでも興味を持っていただけそうな物件をいろいろと当たってみました。本日はそちらを紹介いたします。

 住宅を探す場合には、最初にご自身にあった住宅購入スタイルを決めておくと、物件探しを効率的に進められます。ですから、まずはその内容を説明いたしますね。

 そういって白山さんは、以下の表をもとに住宅購入のパターンの説明をしてくれました。

住宅購入のパターン

 2人はそれぞれのパターンと価格帯を見比べて、自分たちの住宅購入に対する思いを整理してみました。

  1. 住居は住環境を優先して文京区に建てたい。土地も家屋も購入したい
  2. 用意できる資金にはもちろん限度がある。土地を購入&注文建築という「パターン1」は難しい
  3. 販売中の建売住宅や中古住宅では、自分たちの希望を満たす物件はなさそう。よって「パターン3」と「パターン4」は却下
  4. 手頃な値段の建築条件付き分譲地は、土地が狭いけど3階建てにすればカバーできそう。また、これから建築する家なので、間取りなどの選択肢は幅が広い

白山:例えば、土地を単独で探して、建築家による注文住宅にするのは、誰でもが憧れる世界ですよね。しかし、一般的な会社員では手が出ない感覚があります。

 一方で、建て売りですと費用面では現実的な選択肢です。でも、自分たちが「こうしたい」という間取りなどを実現するのは現実的に難しいです。なので、建築条件付きの分譲住宅を選択するのは、折衷案ですよ。

千石夫人:結局は建て売りじゃない。私はイヤよ。

白山:いえいえ。建て売りなのですが、建物の“内容”は、契約する建築家さんと相談しながら決めていけるんです。もちろん、予算の範囲で、ですよ(笑)。

 例えば、オール電化にするのであれば、ガスを引く必要はありませんので、浮いた費用をほかに割り当てられます。間取りもかなり自由に決められますよ。具体的な希望を少し聞かせていただけますか。

千石夫人:私は、海外のホテルのように、全てがコンパクトにまとまっていて空間の間に仕切りがない、広い一室が理想です。それからキッチンは……。

 そんな話をしている内に、どうやらどんな家を探すか2人のイメージが固まってきたようです。2人は白山さんに、建築条件付き分譲地を中心に提案をお願いしました。果たして、2人の希望を満たす夢のマイホームが文京区で見つかるのでしょうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]