編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
トップインタビュー

「永久保証」を前面に押し出すピュア・ストレージの戦略 - (page 3)

松岡功

2017-06-01 07:30

データマネジメント支援で顧客企業のビジネスに貢献へ

 さらに、このビジネスモデルには、ピュア・ストレージの深い意図が込められている。それは、永久保証のデータプラットフォームを活用して、顧客企業を取り巻くデータをビジネスに最大限生かせるように支援することである。どういうことか。田中氏は次のように説明した。

 「永久保証という言葉には、単に当社のデータプラットフォームを使い続けてもらうだけでなく、存分に活用してもらいたいという意味を込めている。そのためには、お客様がデータをビジネスにどう生かしたいか、そのためにデータプラットフォームをどう使えばいいか、といったことを、私たちはお客様と一緒になって考え、支援したいと考えている。したがって、お客様にはデータを活用したビジネスを企画する段階から、私たちをプロジェクトに参加させてほしいと話している」

 田中氏によると、ピュア・ストレージの存在価値はそこにこそあると言う。というのは、米国本社の創業メンバーをはじめ、同社のスタッフにはストレージの専門家もさることながら、データマネジメントの専門家が数多くいるからだ。そう語る田中氏自身もこれまでストレージベンダーに在籍していたことはなく、エンタープライズ領域でデータマネジメントの重要性を体得してきたキャリアの持ち主だ。つまり、同社はストレージベンダーというよりも、データプラットフォームを活用したデータマネジメント支援に対して強いこだわりを持つベンダーなのである。

 最後に、今年2月にピュア・ストレージ・ジャパンの社長に就任した田中氏に抱負を聞いたところ、「当社のデータプラットフォームによって、より多くのお客様のビジネスに貢献したい。そのためにも永久保証の仕組みをもっと広く認識していただけるように尽力したい」と語った。取材の中で、永久保証の仕組みをなかなか理解できなかった筆者の度重なる質問に、懇切丁寧に説明してくれた姿が印象に残ったインタビューだった。


「永久保証」を打ち出した「Forever Flash」プログラム(出所:ピュア・ストレージ・ジャパンの資料)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]