編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

「基幹業務のクラウドニーズ」--SAP HANA専用などAzure新インスタンス - (page 2)

阿久津良和

2017-06-07 07:30

 他方で「(基幹業務に携わる現場などから)クラウドを肯定的に捉える話が増えてきた」と語るのは、日本マイクロソフト 業務執行役員 クラウド&エンタープライズビジネス本部 本部長 佐藤久氏。基幹業務のクラウド化では特に規模縮小が重要だという。一般的に換装が難しい基幹業務システムは、最大スペックで環境構築するのが通例だが、実際はそこまでの能力を必要とせず、必然的に無駄なコストアップや人件費の増加を避けては通れない。

 日本マイクロソフトは、「基幹業務システムのクラウド化は、ビジネスのグローバル化やIT部門が抱えてきた諸問題を解決できる」(佐藤氏)と説明する。


日本マイクロソフト 業務執行役員 クラウド&エンタープライズビジネス本部 本部長 佐藤久氏

 日本マイクロソフトは国内SIおよびコンサルティングパートナー企業と連携し、Mシリーズおよび SAP HANA on Azure(Large Instances)に対応したSAPアプリケーションメニューの開発・提供を行う。参画企業はアクセンチュア、アバナード、アビームコンサルティング、インターネットイニシアティブ、 SCSK、NTTデータグローバルソリューションズ、JSOL、電通国際情報サービス、日本電気、日本ヒューレッド・パッカード、PwCコンサルティング、日立ソリューションズ、富士通、三井情報、以上14社。

 同社は「前回(Gシリーズを発表した2017年1月)より3社増えた。それに伴い(今後3年間でMicrosoft Azure上のSAPアプリケーション採用企業の目標だった)250社から、Large Instancesの展開を踏まえて400社に増やす」(佐藤氏)と新たな経営目標を掲げた。主な内訳は製造業が占める。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]