クラウド利用でサイバー捜査を短縮、マイクロソフトらが実証

ZDNet Japan Staff 2017年06月01日 17時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは6月1日、デジタルフォレンジクス(電子的な捜査や鑑識、調査作業の総称)を手掛けるフォーカスシステムズと共同実施した証拠データ解析の高速処理化の検証で、大幅な期間短縮効果を確認したと発表した。分析時間を従来の3日から半日程度に短縮できるとしている。

 サイバー犯罪捜査におけるデジタルフォレンジクスでは、犯罪への関与が疑われるコンピュータ機器などに残された証拠となり得る膨大なデータを解析する際に、事前に下処理としてデータカービングやインデックス、圧縮ファイルの展開、ハッシュ計算などが必要になる。一般的なケースでは、1Tバイトのデータの下処理作業に3日ほどかかるという。

 2月1日から3月24日にかけて両社が行った実証試験では、フォーカスシステムズの分散処理技術とMicrosoft Azureを使って処理の高速化を検証。検証システムは、AzureのAシリーズによる認証用サーバやデータベースサーバ、ファイルサーバ、下処理作業を分散させるエンジン用サーバで構成した。

 試験は、エンジン用サーバ1台の単独処理と同3台、同4台による分散処理の計3ケースで行い、CPUコア数に比例してデータ処理作業が高速化できることを確認した。4台による分散処理のケースで、分析時間が従来の3日から約半日に短縮される。サーバ台数をより増やした分散処理では、さらなる期間短縮が可能だとしている。

 両社は、実証結果を基にした「サイフォクラウド」サービスの提供を同日から警察機関向けに始めた。サイバー犯罪が増加する一方で、警察機関ではリソースの制約が課題になっているといい、データ処理の高速化で捜査に要する期間の短縮や担当者の負荷軽減といった効果が期待されるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算