編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AWSのIoT向けサービス「Greengrass」が一般提供開始

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-06-08 10:27

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間6月7日、IoT向けのサービスである「AWS Greengrass」の一般提供開始を発表した。Greengrassにより、コネクテッドデバイス上でAWSのコンピュート機能やメッセージング機能、データキャッシュ機能、同期機能が利用可能になる。

 Greengrassは、2016年11月にラスベガスで開催された「AWS re:Invent 2016」で発表され、限定プレビューで提供されていた。同サービスを用いることで顧客は、IoTデバイスのプログラムやアップデートに関連する複雑さを取り除くことが可能になる。開発者は、「AWS Management Console」を使用することで、コネクテッドデバイスに「AWS Lambda」関数を追加し、ローカル側でそのコードを実行できるようになる。また、デバイスはクラウドを経由することなく、他のデバイスにメッセージを送信できるようにもなる。

 Greengrassは現在、AWSの米国東部(バージニア北部)リージョンと米国西部(オレゴン)リージョンで利用可能となっている。また、アジアパシフィックやフランクフルト、シドニーといったその他のリージョンでも、今後数週間以内に利用可能になる予定という。

 またAWSは、10社以上のパートナー企業も発表した。各パートナー企業は、自社のプラットフォームにGreengrassを統合することで、Greengrass搭載デバイスに対応していくことになる。こういったパートナーにはAnnapurna LabsやBsquare、Canonical、Digi International、Intel、Lenovo、Mongoose、Qualcomm Technologies、Raspberry Pi、サムスン、Technicolor、Wistronが含まれている。

 サンフランシスコで開催されたイベントでは、Greengrassのパートナー企業や顧客企業の発表もあった。Intelは、IoTのエンタープライズ向け開発キットの提供を発表するとともに、Greengrassと互換性を持つゲートウェイやGreengrass対応の共同リファレンスアーキテクチャを発表した。一方Qualcommは、Greengrassに対応した、「DragonBoard 410c」の開発キットを発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]