海外コメンタリー

「クラウドネイティブ」な企業に生まれ変わる8つのステップ - (page 2)

Joe McKendrick (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-07-05 06:30

#5:企業幹部を巻き込み、よく理解してもらう

 クラウドネイティブという選択は、企業のあらゆる面に影響を及ぼす。このため、テクノロジをもたらす新たな方法を企業幹部に熟知してもらうことが肝要だ。同レポートの著者らは「アジャイルな開発や継続的配備の利点をアピールする」ようアドバイスしている。そしてもちろんながらクラウドは、今日の経済情勢において、まともな幹部であれば誰でも興味を示すデジタルな企業への登竜門なのだ。

#6:小さいところから始め、一気にものごとを推し進めようとしない

 このアドバイスは、クライアント/サーバからサービス指向アーキテクチャ、データウェアハウスに至るまでの新たなシステムや手法を自社に導入しようと試みた経験があるベテランのITプロフェッショナルにとって、なじみ深いものであるはずだ。同レポートには「何千人もの開発者にクラウドネイティブな新スキルを一気に教えようとするのは、変化が大きすぎ、リスクも高すぎる」と記されている。

#7:苦労して開発するのではなく、購入という選択肢にも目を向ける

 Capgeminiの研究者らは、すぐに利用できるPaaSの利用を勧めている。「(Cloud FoundryやパブリッククラウドのPaaSといった)既にパッケージ化されているものでもよいし、コンテナとコンテナオーケストレータの組み合わせ(サービスとしてのクラウドコンテナ:CaaS)でもよい」という。研究者らは、ベンダーやプロバイダーによるロックインという問題がつきまとうとはいえ、コストの削減や作業の軽減が長期的に見てより高い価値を持つことになると付け加えている。

#8:イノベーション、イノベーション、イノベーション

 クラウドネイティブな企業の本質として、同レポートは「イノベーションやコラボレーション、テスト、学びの文化」の醸成を挙げている。「これまで企業運営と関わりを持っていなかった開発者も顧客エクスペリエンスの問題に取り組むことになる(中略)。彼らは、以前から手がけているプロジェクトのコスト管理やスケジュール管理を行うだけではなく、価値ある提案をしたり、収益を生み出す可能性を説明できるビジネスマインドを身につける必要がある」という。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]