編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら
企業決算

SAPの第2四半期、クラウドなど好調--通年見通し上方修正

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-21 13:23

 SAPは米国時間7月20日、2017年第2四半期(6月30日締め)の決算を発表した。営業利益は減少しているものの、クラウド市場における継続的な成長により、通年の業績見通しを上方修正した。

SAP

 売上高は前年同期比10%増の57億8000万ユーロとなった。IFRSベースの1株あたり利益は18%減の0.56ユーロ、Non-IFRSベースでは14%増の0.94ユーロとなっている。

 IFRSベースの営業利益は27%減少し、9億2600万ユーロとなった。Non-IFRSベースの営業利益は4%(固定通貨換算ベースでは3%)増の15億7000万ドルだった。

SAP

 第2四半期の営業利益と1株あたり利益は、主に再編関連の支出と株式報酬費用の影響を受けたとSAPは説明している。

 クラウドの新規受注は33%増の3億4000万ユーロ、クラウドサブスクリプションおよびサポートの売り上げは、IFRSベースとNon-IFRSベースともに前年同期比29%増の9億3200万ユーロだった(固定通貨換算ベースでは29%増)。

 Reutersが集計したアナリストの予想では、クラウドサブスクリプションおよびサポートの売り上げは33%増となっていた。

 IFRSおよびNon-IFRSベースのソフトウェアの売上高は10億9000万ユーロで、前年同期から5%(固定通貨換算ベースで4%)増加した。IFRSおよびNon-IFRSベースのクラウドとソフトウェアの売上高は、前年同期比9%(固定通貨換算ベースで8%)増の47億6000万ユーロとなった。

 2017年上半期(1〜6月)の営業キャッシュフローは35億1000万ユーロで、前年比20%増となった。第2四半期末時点での純有利子負債は17億9000万ユーロで、前年の25億ドルから改善している。

 SAPは、2017年通年のNon-IFRSベースのクラウドサブスクリプションおよびサポートの売上高が、固定通貨ベースで38億〜40億ユーロになると予想している。前年の29億9000万ユーロから最大34%増となる。

 また、通年のNon-IFRSベースの総売上高見通しは233億〜237億ユーロになると予想している。2016年は220億7000万ドルだった。

SAP

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]