ハードから読み解くITトレンド放談

サーバ向け新プロセッサのXeon Scalable--インターフェースを解剖する

山本雅史 2017年08月10日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 「Intel Xeon Scalable Processor Family」(Xeon Scalable)は、1プロセッサに6チャンネルのDDR4対応メモリインターフェースが用意されている。1チャンネルあたり2本のDIMMが使えるため、1プロセッサあたりでは最大12本のDIMMを使用できる。これにより、最大768GBもの大容量メインメモリがサポートされる(64GBのDDRメモリを使用した場合)。

Xeon
Xeon Scalableは、プロセッサが直接DDR4メモリをドライブする。Xeon E7のようにバッファなどがないため、DDR4の高速メモリを直接利用できる(米Intelの発表資料より。以下明記が無い場合は同じ)

 また、Xeon Scalableの特別バージョン(最後に「M」という型番が付く製品)は、1.5TBのメモリ容量をサポートする。これは、メモリのチャンネル数が増えるのではなく、128GBのメモリをサポートするというテストを行い、動作を保証した製品ということだ。サポートされているDDR4メモリは、最大2666MHzをサポートしている。ただし、モデルによってサポートしている最大メモリスピードが制限されている。

 Xeon E7は、多数のメモリを接続するために、SMI(Scalable Memory Interconnect)にSMBチップ(Scalable Memory Buffer)を接続して、最大24本のDIMMを接続していた。しかし、この方式ではSMBなどバッファ部分が多くなり、高速なメモリを使用できなかった。そこで、直接プロセッサがメモリをドライブする方式に変更され、高速メモリをサーバでも使用できるようになった。

 最近は、データベースもデータをメモリ上に展開して、高速に処理するインメモリデータベースが普及し始めている。このような用途に対応するためにも、高速でアクセスできるメモリは非常に重要だ。さらに、高速なメモリを大容量サポートしていることも重要となる。

 メモリの動作クロックは、サーバ全体のパフォーマンスにも関わるため、高速なメモリを使用できることで、サーバ全体のパフォーマンスを引き上げる。

 Xeon Scalableでは、8ソケット、4ソケット、2ソケットのサーバを構成できるようになっている(最上位モデルが8ソケットをサポート、ミドルモデルが4/2ソケットをサポート、最下位モデルが2ソケットをサポート)。ソケット間のインターコネクトとして、以前のQPI(Quick Path Interconnect)からUPI(Ultra Path Interconnect)に変更されている。QPIは最大9.6GT/sだったが、UPIは最大10.4GT/sにアップしている。大きな変化ではないが、今後UPIもバージョンアップされるごとにスピードアップしていくことになる。ある意味UPIに変更されたことで、今後の基盤ができ上がったといえる。

 また、Xeon ScalableのモデルによってUPIのサポートが2本もしくは3本に分かれている。UPIのサポートが3本のモデルは8/4ソケットをサポートし、UPIが2本のモデルは2ソケットをサポートする。

 Xeon Scalableでは、プロセッサが直接48レーンのPCIe3.0インターフェースをサポートしている。このため、周辺チップ経由での接続に比べてボトルネックになる部分がなく、周辺カードのパフォーマンスを最も生かすことができる。

 さらに、48レーンのPCIe3.0インターフェースによって、人工知能や機械学習などで注目を浴びているGPGPUを最大3台接続することができる。また、高速なアクセスを可能にするフラッシュストレージのNVMe SSD(PCIe Gen3×4レーン)を最大12台まで接続できる。ただ、全てをGPGPUやNVMe SSDでPCIeインターフェースに使用するわけではないため、GPGPUは最大2台、NVMe SSDは8台ぐらいが標準的な構成になるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
“真FinTech” 地域金融の行方
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
スペシャル
デジタル時代を支える顧客接点改革
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
エンタープライズトレンドの読み方
10の事情
座談会@ZDNet
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]