編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
ハードから読み解くITトレンド放談

サーバ向け新プロセッサのXeon Scalable--インターフェースを解剖する - (page 2)

山本雅史

2017-08-10 06:00

 Xeon Scalableは、1プロセッサにこれだけ接続できるため、2ソケットや4ソケット構成の場合は、さらに接続できるGPGPUやNVMe SSDの台数が増える(GPGPUは1台のサーバの電源容量が接続できる最大の台数とするだろう)。PCIeインターフェースに関しては、サーバによってさまざまな構成があり、GPGPUをメインに使用する場合は、GPGPU向けのサーバを選択した方がいい。さらにXeon Scalableは、高速なシステム間のインターコネクトとしてOmniPathがサポートされている(モデルによってはOmniPathサポート製品が提供されている)。

OmniPathをサポートしたXeon
OmniPathをサポートしたXeon Scalable。パッケージに「OmniPath」の端子がある
OmniPathがプロセッサから直接出ていることで、レイテンシーが非常に小さくなり、転送レートがアップしている''
OmniPathがプロセッサから直接出ていることで、レイテンシーが非常に小さくなり、転送レートがアップしている

 特別モデルでは、プロセッサから直接OmniPath(100Gpbs)が出ているため、HPCなどを構築する場合でも、PCIeインターフェースを使って、Infinibandカードを使用しなくてもいい。プロセッサによる直接的なOmniPathのサポートから、PCIeインターフェース経由の製品よりもさらにレイテンシーが小さくなる。

 IntelがリリースしているメニーコアのXeon PhiもOmniPathが直接サポートされている。今後は、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)分野でも、OmniPathが使われていくことになるだろう。

 また、新しい機能としては高速なNVMe SSD(PCIe接続)を管理する「Intel Volume Management Device」 (VMD)が用意されている。例えば、ソフトウェアでNVMe SSDのホットプラグをサポートするには、NVMe SSDが高速なため、ある程度NVMe SSDのアクセスを止めてから行わないと、データの読み書きに問題が出てくる。そこで、NVMe SSDの管理を行うハードウェア層(VMD)が用意された。VMDにより、NVMe SSDのスワップ時にアクセスの中断を最低限に抑えることができる。

Xeon
Xeon ScalableのVMDは、高速なフラッシュストレージを管理する

 VMDはハードウェアでベースの管理機能を実現しているが、VMDをサポートしたストレージ管理ソフトウェアが必要だ。このあたりは、OSやハイパーバイザがVMDをサポートしていないと、Xeon Scalableを使用していても機能を利用できない。

フラッシュストレージでも、インターフェース(アクセススピード)によって階層化される''
フラッシュストレージでも、インターフェース(アクセススピード)によって階層化される
VMware
VMware vSphereはVMDをサポートしている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]