編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「Windows Subsystem for Linux」、秋リリースの「Fall Creators Update」で正式版に

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-08-01 10:39

 Microsoftは米国時間7月28日、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)のベータ段階が終了し、「Windows 10 Fall Creators Update」で正式にサポートされる機能になるとブログで発表した。ただし、WSLはエンドユーザー向けのシナリオを想定したものではないという。

 1年以上前からベータ段階にあったWSLは、9月頃にリリースされる予定のWindows 10 Fall Creators Updateで正式な機能として組み込まれるという。

 MicrosoftのRich Turner氏によると、Windows 10 Fall Creators Updateの最新テストビルド「Build 16251」にはベータ段階を終了したWSLが既に組み込まれているという。このバージョンではいくつかの細かい不具合が修正されているが、より重要なのは、正式機能に昇格したことで、通常のサポートチャネルを通じて問題を報告し、解決を期待できるようになった点だという。

 Turner氏は「これにより、WSLやその『Windows』ツールの問題について、より正式な問題解決プロセスに従って解決したい、あるいは解決する必要がある場合、通常のサポート経路を通じて報告できるようになるという利点が生み出される。また、『Windows 10 Feedback Hub』アプリを用いることで、担当チームに直接フィードバックを送り届けられるようにもなる」と記している

 MicrosoftのWindowsカーネルチームによって生み出されたWSLを利用することで、LinuxのELF64バイナリをWindows上でネイティブなかたちで実行できるようになる。WSLはLinuxカーネルをエミュレートし、「ピコプロセス」と呼ばれるものを使ってLinuxのシステムコールをWindowsのカーネルに振り向けられるようにする。

 同社は最近「Windows Store」で、「Ubuntu」や「openSUSE Leap 42」「SUSE Linux Enterprise Server 12」を含む複数のLinuxディストリビューションをWSL向けに公開した。ユーザーはWSLにより、これらのディストリビューションをその他のWindows開発ツールと共存するようなかたちでインストール、実行できるようになる。

 Turner氏は、WSLが想定している用途はアプリのビルドや管理における、開発者向けの特定シナリオであり、「Apache」や「MongoDB」といった環境上で本番用のワークロードを運用することは想定していないと明言している。

 またWSLは、「対話的なユーザーシナリオ」を目的としたLinuxディストリビューションの実行をサポートしていないという。さらに、Windows環境からLinuxファイルへのアクセスはできないが、これについては今後対応していく計画があるとの考えを示している。

 WSLで想定されている主な用途は次のようなものだ。

  • 開発作業および基本的な管理作業におけるLinuxのコマンドラインツールの実行
  • Windowsファイルシステム上に存在するファイルに対するLinux環境からのアクセスや共有
  • Linux環境からのWindowsプロセスの起動(例:~$ cd /mnt/c/temp/ && echo "Hello" > hello.txt && notepad.exe hello.txt)
  • Windows環境のコマンドラインからのLinuxプロセスの起動(例:C:\> bash -c "fortune | cowsay")
「Windows Subsystem for Linux」、「Fall Creators Update」で正式版に
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]