編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「Windows 10 Creators Update」、BashやWSLの機能が充実

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-13 11:37

 「Windows 10」の最新機能アップデートである「Windows 10 Creators Update」への移行を考えるうえで、新しい「Paint 3D」(ペイント3D)アプリや、ゲームストリーミングサービス「Beam」はそれほど魅力的ではないという人もいるかもしれない。しかし、Bashや「Windows Subsystem for Linux」(WSL)、Windowsコンソールに追加された豊富な機能は魅力的だと思うかもしれない。


提供:Microsoft

 MicrosoftのシニアプログラムマネージャーであるRich Turner氏が米国時間4月11日付けのブログ投稿で述べたところによると、WSLは2016年夏に初めてリリースされた時点で「まだ完璧にはほど遠いものだった」という。

 しかしこのリリース以降、WSLチームとWindowsコンソールチームは、機能修正や機能追加に関するユーザーからの意見を積極的に取り入れてきている。そして、同日に提供が開始されたWindows 10の今回の機能アップデートにおけるWSLやWindowsコンソールの機能は、こうした意見を反映したものとなっていると同氏は述べている。

 Microsoftは、「Ubuntu Linux」の開発元であるCanonicalと協力し、「Windows 10 Anniversary Update」で初めてWSLを搭載した。その背景にあったのは、Windows 10上でBashをネイティブに実行できるようにすることで、コマンドラインツール群の充実を図るという考えだ。

 同氏によると、WSLはエンジニアリングチームによって「数多くの改善」が施されたものの、現時点ではまだベータ段階にあるという。

 Turner氏は同ブログ投稿で、BashおよびWSL、Windowsコンソールにおける最も重要な修正点と改善点を列挙している。その内容には以下が含まれている。

  • LinuxのSystem Call Interface(SCI)との互換性が向上した。その結果、aptやsed、grep、awk、top、tmux、ssh、scpといった開発者向けの主なツールが正しく動作するようになった。この他にも、(Bashだけでなく)zshやfish(Friendly Interactive SHell)といったシェルや、vim、emacs、nano、git、gdbなどもサポートするようになった。
  • 「Ubuntu 16.04」がサポートされた(Windows 10 Anniversary Updateでは「Ubuntu 14.04」がサポートされていた)。
  • ifconfigおよび、ネットワーク接続の列挙がサポートされたことで、ユーザーは利用可能なネットワークアダプタの設定を検証できるようになった。
  • pingとICMPに対するサポートが改善され、管理者以外のユーザーでもネットワークのエンドポイントに対するpingを実行できるようになった。
  • ウェブやNode.js、Ruby、Python関連の開発者向け機能として、ファイルの変更通知(INOTIFY)がサポートされるようになった。なお、この機能はWindowsファイルシステム内のファイルに対するファイル変更通知もサポートしている。
  • Windowsツール/Linuxツール間の相互運用性が向上した。これにより、Bash上でWindowsのアプリやツールを起動したり、Windows上からLinuxのバイナリやコマンド、スクリプトを起動できるようになる。

 Turner氏によると、Windowsのコンソールやコマンドライン側についても、同社はWindows 10 Creators Updateでさまざまな改善を施したという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]