編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Windows 10 Creators Update、Windowsストアからのアプリのみインストールを許可する設定提供か

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-02-28 11:12

 Microsoftが2017年春にリリースを予定している「Windows 10 Creators Update」には、「Windows Store」で提供されているアプリのインストールのみを許可する新オプションが含まれるかもしれない。

 「Windows 10」の最新プレビュー版は、Windows Storeからのアプリのインストールのみを許可できるようになり、クラシックな「Win32」アプリのインストールを防ぐという。この機能は、消費者や企業がブロートウェアやマルウェアをインストールしてしまうのを防ぐのに役立つかもしれない。この新オプションは、プログラマーのViktor Mikaelson氏によって最初に発見され、MSPoweruserが報じた。4月にリリース予定のCreators Updateに搭載される見通しだという。

 このオプションは、Appleの「macOS」の「Gatekeeper」に似た機能をWindows 10ユーザーに提供する。Gatekeeperでは、ユーザーが「Mac App Store」以外の場所からアプリをインストールしようとすると警告を発するよう設定できる。新オプションは、「Google Play」からのインストールのみを許可するGoogleの「Android」の設定にも似ている。

 「Apps & features」(アプリと機能)設定で、ユーザーは「Allow apps from anywhere」(あらゆる場所からのアプリを許可する)、「Prefer apps from the Store, but allow from anywhere」(Storeのアプリを優先するが、あらゆる場所からのアプリを許可する)、厳格な「Allow apps from the Store only」(Storeからのアプリのみを許可する)の中からオプションを選択することで、アプリをどこからインストールするかを制御できるようになるようだ。

 Storeからのアプリのインストールのみを許可するオプションを選択すると、Windows Storeのアプリのみインストール可能であり、アプリのインストール元をStoreに制限することで、PCのセキュリティと信頼性を維持できる、といった内容のメッセージが表示される。

 それより制限の緩い「Prefer apps for the Store」オプションを選択した場合、ユーザーがStore以外の場所からアプリをインストールしようとすると警告が表示されるが、それを無視してインストールを完了することも可能だ。


提供:ZDNet/Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]