編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「Windows 10」最新テストビルドへのスキップオプションが受付終了

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-08-08 14:12

 Microsoftは「Windows Insider」の「Fastリング」ユーザーが最新の「Windows 10」ビルドに早期にアクセスできる「Skip Ahead」オプションについて、新しいメンバーの登録を停止した。


提供:Tero Alhonen/Twitter/Microsoft

 Skip Aheadオプションは、Microsoftが2018年に予定しているアップデート「Redstone 4」へのアクセスを提供するものだ。Redstone 4は、2017年9月にリリース予定の「Windows 10 Fall Creators Update」(開発コード「Redstone 3」)に続くWindows 10のメジャーアップデートとなる。

 その名称どおり、Skip Aheadを選択したFastリングユーザーは、Fall Creators Updateを飛ばして、組み込みのWindowsアプリへのアップデートを受けながら、次期メジャーアップデートにアクセスできる。Fall Creators Updateリリースは、おそらく今後、一般リリース前に新機能が加わることはないと言われている。

 だがMicrosoftは先週、Redstone 4の最新のアップデートをSkip Aheadのユーザーに提供しなかった。

 Skip Aheadは現在も存在するが、MSPoweruserが指摘しているように、新規の登録は終了している。

 Windows Insider Programでは、「Skip Aheadは現在閉鎖している。もしSkip Aheadオプションを今後も選択したいのなら、Windows Insider Program設定を戻す必要がある」と表示される。

 Microsoftは、Fall Creators Update公開計画の一部として、Skip Aheadを導入した。

 同社が先に説明しているように、MicrosoftはFall Creators Updateを「フォーク」して、それまで「RS_PRERELEASE」だった「RS3_RELEASE」ブランチを作成した。

 Skip Aheadを選択したユーザーは安定性が低いRS_PRERELEASEからアップデートを受け取ることになるが、RS3_RELEASEブランチは今後安定性が強化され、最終的には公式リリースとなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]