グーグル、「G Suite」をアップデート--共同作業の支援機能を追加

ZDNet Japan Staff

2017-08-17 10:37

 Googleは米国時間8月16日、「G Suite」への新しいアップデートを公開した。より効果的な「バージョンコントロール」の支援、ワークフロー向けツール群のカスタマイズ、そして、チームが必要なときに必要な情報を見つけられるように支援することが狙いだという。

 今回のアップデートにより、「Googleドキュメント」「スプレッドシート」「スライド」の文書のさまざまなバージョンに任意の名前を付けることが可能になった。この機能を利用すれば、チームの進捗状況を記録できるほか、文書が実際に完成したことを伝えるのにも役立つ。ウェブ上の「Version history」(バージョン履歴)で、チームが施した変更を一元的に整理および追跡することも可能だ。この機能は以前、「Revision history」(変更履歴)と呼ばれていた。

 文書の「clean versions」のプレビュー機能では、コメントや提案された編集を表示せずに、文書がどのように見えるのかを確認できる。また、文書内の全ての編集提案を一括で同時に承認、または拒否することもできる。「Android」「iPhone」「iPad」デバイスから文書の変更を提案することも可能になった。

 「Litera Change-Pro for G Suite」や「Workshare」アドオンを使えば、文書を簡単に比較することができる。


提供:Google

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]