今週の明言

海外事業へ本格進出した日本ユニシス社長の決意

松岡功 2017年09月01日 14時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉をいくつか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今回は、日本ユニシスの平岡昭良 代表取締役社長と、NECの高田和宏 執行役員常務の発言を紹介する。

「新設した子会社を通じて海外事業へ本格的に進出する」
(日本ユニシス 平岡昭良 代表取締役社長)


日本ユニシスの平岡昭良 代表取締役社長

 日本ユニシスが先頃、新設した全額出資子会社「キャナルグローブ」を通じて海外事業を本格的に展開すると発表した。平岡氏の冒頭の発言はその発表会見で、新たな取り組みへの決意を示したものである。

 日本ユニシスはこれまで、米Unisysとの契約で商標権を国内でしか行使できないこともあり、別のブランドで主に海外事業を展開する日系企業の支援などを行ってきた。それに対して今回は、キャナルグローブとして日本ユニシスが持つ技術や製品・サービスを、それぞれの国・地域で現地のIT企業とパートナーシップを組みながら本格的に展開していこうと、自ら乗り出す姿勢を明確にした形だ。

 キャナルグローブは活動の第1弾として、インドネシアのIT企業であるPT.INDIVARA SEJAHTERA MANDIRI(インディバラ・セジャテラ・マンディリ)グループ(ISeMaグループ)と資本提携し、同グループの東南アジア市場での事業開発の経験や知見と、日本ユニシスが培ってきたシステム開発のプロジェクトノウハウなどを組み合わせ、顧客企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するとしている。

 ISeMaグループは東南アジア4カ国に拠点を持ち、金融や通信、流通小売、製造、輸送、旅行を注力分野として、コンサルティングやソフトウェア開発などの事業を展開している。キャナルグローブによる同グループへの出資額や出資比率は公表していない。

 平岡氏は今回の新たな取り組みについて、「東南アジアは今後ますます経済の活性化が見込まれ、市場としての魅力が高まっていくと見ている。そこで、キャナルグローブの第1弾の活動としてこの市場にフォーカスし、ISeMaグループとパートナーシップを組むことにした」と説明した。


平岡氏と倉田氏による会見の様子

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算