今週の明言

NECのCFOが語った「事業構造改革への手応え」

松岡功 2017年08月25日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉をいくつか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今回は、NECの川島勇 代表取締役執行役員常務兼CFOと、大塚商会の大塚裕司 代表取締役社長の発言を紹介する。

「大きなポートフォリオの見直しは一段落した」
(NEC 川島勇 代表取締役執行役員常務兼CFO)


NECの川島勇 代表取締役執行役員常務兼CFO

 NECが先頃、2017年度第1四半期(2017年4〜6月)の連結決算を発表した。同社の最高財務責任者(CFO)である川島氏の冒頭の発言は、その発表会見で、同四半期の当期損益が2008年以来9年ぶりに黒字になったことに関連して語ったものである。

 同社によると、2017年度第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比12.3%増の5825億円、営業損益は144億円の赤字(前年同期は299億円の赤字)、当期損益が78億円(同201億円の赤字)となった。

 川島氏は当期損益の黒字化について、「営業赤字の縮小や株式売却益などが要因。ただ、今期がまだ始まったばかりで、黒字化に特段の思いはない」とそっけなく話したものの、9年ぶりに黒字化したことについては次のように分析した。

 「9年前の2008年および前年の2007年の第1四半期は収益も着実に確保していたが、その後リーマンショックが起きて業績が大幅に悪化した。そのため、事業構造改革に大なたを振ってポートフォリオの見直しを進めてきた。今回の当期損益の黒字化は、そうした流れの延長線上にある。これによって、大きなポートフォリオの見直しは一段落したと考えている」

 冒頭の発言は、このコメントの最後の部分を取り上げたものである。「一段落した」とは、事業構造改革への手応えを示したものといえよう。

 川島氏が言うポートフォリオの見直しとしては、2011年に個人向けPC事業を持分法適用会社化した後、スマートフォン事業からの撤退や、インターネット接続サービスのNECビッグローブの売却などが挙げられる。また、この第1四半期でも、NECトーキンやルネサスエレクトロニクスの株式売却を行った。

 同氏は、ポートフォリオの見直しが一段落したとの認識を示した後、「今期はやるべきことをやって、業績予想を着実に達成したい」と強調した。ちなみに2017年度通期の連結業績予想は、売上高が2兆8000億円(前年度比5.1%増)、営業損益が500億円(同19.5%増)、当期損益が300億円(同9.8%増)となっている。

 NECの連結売上高は、かつてピーク時には5兆4000億円を超えていた。それが2016年度実績では2兆6650億円とほぼ半分になってしまった。ポートフォリオの見直しは、さかのぼれば2002年の半導体事業の分社化から始まっており、売り上げ規模は半分になったものの、選択と集中を繰り返してきた結果、今のNECがある。果たして、これから反転攻勢に打って出ることができるか。注目しておきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化