編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

薬局から宇宙まで多様な現場で活躍に期待--クールな10のロボット - 5/10

Greg Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2017-09-30 08:30

Mars Rover

 Harmonic Driveは、高精度のサーボアクチュエータやギア部品の設計と製造を行っている。その精度は、米航空宇宙局(NASA)の要求に応えられるほどだ。現在Harmonic Driveは、航空宇宙産業の企業Motiv Space Systemsと協力して、NASAジェット推進研究所が2020年に計画している火星探査ミッション用のメインロボットアームを開発している。この5自由度のロボットアームは、到達範囲が2メートルで、最大積載量は45kgとなっている。このアームは、地表探査用の複数の調査機器を扱うことになる。それに加え、火星の地表からコアサンプルを採取し、ローバーの貯蔵システムに収容することができる。

Mars Rover

 Harmonic Driveは、高精度のサーボアクチュエータやギア部品の設計と製造を行っている。その精度は、米航空宇宙局(NASA)の要求に応えられるほどだ。現在Harmonic Driveは、航空宇宙産業の企業Motiv Space Systemsと協力して、NASAジェット推進研究所が2020年に計画している火星探査ミッション用のメインロボットアームを開発している。この5自由度のロボットアームは、到達範囲が2メートルで、最大積載量は45kgとなっている。このアームは、地表探査用の複数の調査機器を扱うことになる。それに加え、火星の地表からコアサンプルを採取し、ローバーの貯蔵システムに収容することができる。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]