編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

薬局から宇宙まで多様な現場で活躍に期待--クールな10のロボット - 6/10

Greg Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2017-09-30 08:30

スタンフォード大学のJackrabbot

 スタンフォード大学のエンジニアが開発した「Jackrabbot」(JR)は、「Segway」の上に搭載された、GPUを使用したマルチセンサプラットフォーム。視覚認識能力を持ち、友好的でインタラクティブな新世代のロボットだ。高速道路を走るようなものではなく、人が多い場所にふさわしい。キャンパスの歩道や、ショッピングモール、空港、駅をはじめとする公共の場所を問題なく移動できるよう設計されている。

 素晴らしいことに、JRは人間の動きを理解して予測すると同時に、人間の社会的な習慣や基本的なエチケットを学習するように設計されている。例えば、JRは周囲の人間から適切な距離を取ることや、歩道などのリソースの共有方法、方向転換の仕方などを習得している。また、人々が合図によって動きを調整するのを理解したり、人々が自然にとる行動(例えば行列など)に対応したりできる。

スタンフォード大学のJackrabbot

 スタンフォード大学のエンジニアが開発した「Jackrabbot」(JR)は、「Segway」の上に搭載された、GPUを使用したマルチセンサプラットフォーム。視覚認識能力を持ち、友好的でインタラクティブな新世代のロボットだ。高速道路を走るようなものではなく、人が多い場所にふさわしい。キャンパスの歩道や、ショッピングモール、空港、駅をはじめとする公共の場所を問題なく移動できるよう設計されている。

 素晴らしいことに、JRは人間の動きを理解して予測すると同時に、人間の社会的な習慣や基本的なエチケットを学習するように設計されている。例えば、JRは周囲の人間から適切な距離を取ることや、歩道などのリソースの共有方法、方向転換の仕方などを習得している。また、人々が合図によって動きを調整するのを理解したり、人々が自然にとる行動(例えば行列など)に対応したりできる。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]