NTT Com、SAPシステム向け共有型クラウド基盤サービスを提供開始

NO BUDGET

2017-09-29 09:30

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は9月27日、SAPシステム向けのクラウド基盤サービス「Enterprise Cloud for ERP」の提供を開始した。

 同基盤は、VirtustreamおよびEMCジャパンとの開発・販売協業に基いたもので、SAPシステム向けにパッケージ化したクラウド基盤。マネージドサービスとあわせて日本、米州、欧州、豪州で提供する。

 SAP HANAに対応したクラウド基盤として、仮想HANA(最大2.9TB)メニューと物理HANA(最大8.0TB)メニューを提供する。また、同一データセンター内でのハイアベイラビリティ構成および東京・大阪間でのディザスタリカバリ構成を組み込んだ標準メニューが用意されている。さらに、CPUとメモリなどの実利用量で課金するVirtustreamの「μVMテクノロジー」に基づく実利用ベースの従量課金メニューを提供する。


サービスの全体イメージ

 NTT Comでは、こうしたメニューを利用することで、SAPシステムの用途および可用性設計に応じて、仮想/物理HANAを組み合わせ、高信頼のクラウド環境を柔軟かつ迅速に構築できるとしている。また、μVMテクノロジーのリソース最適化により、オンプレミスシステムと比べて、TCOを最大65%削減できるという。

 マネージドサービスでは、SAP BasisやSAP HANAなどに対応し、システム監視サービスや、ITILに基づくシステムの運用支援、運用状況分析、ベストプラクティスに基づくアドバイスを行う「Technical Account Manager Services(TAMS)」を提供する。

 

 今後NTT Comでは、Enterprise Cloud for ERPのサービス機能拡充、拠点拡大を推進するとともに、「SD-Exchange」によるクラウド基盤接続や、「Cloud Management Platform(CMP)」による複数クラウド基盤の一元運用管理などを行っていく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]