編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
Windows 10

「Windows 10」最新プレビュー、スタートメニューに「Fluent Design」が登場

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-09-29 10:32

 Microsoftは米国時間9月27日、スタートメニューで「Fluent Design」を体験できる最新の「Windows 10」プレビュービルドを公開した。

 このプレビューは、次期「Fall Creators Update」のプレビューではなく、「Redstone 4」という開発コード名が付けられた次期Windows 10向けのプレビューだ。

 今回Windows InsidersのFastリングの「Skip Ahead」向けに公開したRedstone 4のプレビューでは、Microsoftが最新のデザインシステムであるFluent DesignをどのようにWindows 10に実装するのかを伺い知ることができる。

 Fall Creators Updateでは、アクションセンターなど一部のアプリと機能にFluent Designの要素が入っている。

 Fluent Designには、アプリに半透明のレイヤ効果を加えることで深みを出す「Acrylic」マテリアル、シーンの遷移を作成できる「Connected」アニメーション、3D効果「Parallax」などがある。

 プレビューでは、スタートメニューで「Reveal」効果が使われている。Revealは光を当てたように見せる効果で、ユーザーがマウスをホバリングさせると、画面の中でアクションを取ることができる要素(アプリのボタンなど)に注意を向けるようにできる。

Windows 10の「Reveal」効果の例
Windows 10の「Reveal」効果の例
提供:Microsoft

 スタートメニューにあるアプリの上でマウスを動かすと、ボックス内の各アプリのボタンをグレイに色を変えて表示する。この様子についてはWindows Centralが動画を公開している。

 Microsoftは今後、Windows 10の次のリリースのアップデートでFluent Designにもっと「光を当てたい」としている。

 プレビューでは「Edge」ブラウザにも多数の修正が加わっており、アドレスバー、PDF向けのタブプレビュー、テキスト検索フィールド、ショートカットなどに関するさまざまな問題に対応した。

 MicrosoftはWindows 10を”アズ・ア・サービス”として構築しており、3月と9月の年2回のリリーススケジュールを設定している。

 Fall Creators Updateはバージョン番号1709で、10月にリリースを予定している。次期Windowsのバージョン1803は2018年3月に公開予定だ。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]