編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Kubernetes」の標準化、大半の主要ベンダーが同意

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-11-16 13:38

  クラウドコンテナ管理ツールとして誰もが「Kubernetes」を使うようになってきている。 また、Kubernetesのかつての競合である「Docker Swarm」や「Mesosphere」までもがその軍門に下っている。Mesosphereは10月初旬に、そしてDockerは10月中旬にKubernetesのサポートを追加した。ここでの唯一の疑問は、これらのKubernetes実装すべてが連携できるのかどうかというものだ。Cloud Native Computing Foundation(CNCF)のおかげで、その答えはイエスとなる。

 Kubernetesを管理する親団体であるCNCFの発表によると、少なくとも32社が「Certified Kubernetes Conformance Program」(認定Kubernetesの適合プログラム)をサポートするという。また、本記事執筆中にも新たな企業が参加しようとしているはずだ。

 この認定プログラムによって、あらゆるベンダーのKubernetesが、必須APIをサポートしていることが保証される。このためKubernetesのインストール間での相互運用性がユーザーに対して保証される。また、柔軟性とベンダーからの独立性ももたらされる。

 Kubernetes Architecture SIGは、同プログラムにおけるAPIの適合性を定義する最終調停機関だ。同SIGはKubernetesの設計原則の維持と進展を担当している。

 最初の認定は「Kubernetes 1.7」以降のバージョンをベースにしている。このプログラムは、Kubernetesの商用製品や商用サービスが新しいバージョンをリリースし続けていくことを強く保証することで、顧客による迅速なペースでの開発を確実なものにする。Kubernetesは、これまでのオープンソースソフトウェアプロジェクトのなかで、最も迅速なペースで開発されているものの1つだ。新たなリリースはおよそ2カ月おきに登場している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]