編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「Kubernetes」の標準化、大半の主要ベンダーが同意

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-11-16 13:38

  クラウドコンテナ管理ツールとして誰もが「Kubernetes」を使うようになってきている。 また、Kubernetesのかつての競合である「Docker Swarm」や「Mesosphere」までもがその軍門に下っている。Mesosphereは10月初旬に、そしてDockerは10月中旬にKubernetesのサポートを追加した。ここでの唯一の疑問は、これらのKubernetes実装すべてが連携できるのかどうかというものだ。Cloud Native Computing Foundation(CNCF)のおかげで、その答えはイエスとなる。

 Kubernetesを管理する親団体であるCNCFの発表によると、少なくとも32社が「Certified Kubernetes Conformance Program」(認定Kubernetesの適合プログラム)をサポートするという。また、本記事執筆中にも新たな企業が参加しようとしているはずだ。

 この認定プログラムによって、あらゆるベンダーのKubernetesが、必須APIをサポートしていることが保証される。このためKubernetesのインストール間での相互運用性がユーザーに対して保証される。また、柔軟性とベンダーからの独立性ももたらされる。

 Kubernetes Architecture SIGは、同プログラムにおけるAPIの適合性を定義する最終調停機関だ。同SIGはKubernetesの設計原則の維持と進展を担当している。

 最初の認定は「Kubernetes 1.7」以降のバージョンをベースにしている。このプログラムは、Kubernetesの商用製品や商用サービスが新しいバージョンをリリースし続けていくことを強く保証することで、顧客による迅速なペースでの開発を確実なものにする。Kubernetesは、これまでのオープンソースソフトウェアプロジェクトのなかで、最も迅速なペースで開発されているものの1つだ。新たなリリースはおよそ2カ月おきに登場している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]