編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

「Azure Container Service」(AKS)がプレビュー提供--Kubernetesのマネージドサービス

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-10-25 10:33

 Microsoftは2017年2月から、コンテナの開発や配備、管理を行うサービス「Azure Container Service」(ACS)で「Kubernetes」をサポートしている。

 Kubernetesはオープンソースのコンテナオーケストレーションのスタンダードとなっている。Microsoftによると、ACS上でのKubernetesサポートはこの6カ月間で300%増加しているという。このためMicrosoftは米国時間10月24日、Kubernetesに特化したコンテナサービスを発表した。この新サービスも「Azure Container Service」という名称だが、その略称は「AKS」となっている。

Azure

 Microsoftは、2015年に提供を開始した既存のACSを維持する計画であり、「Docker Swarm」や「Mesosphere DC/OS」といった複数のコンテナオーケストレーションツールもサポートし続けるという。

 AKSは24日よりプレビュー版として提供を開始しており、無償となる。この管理インフラに対する時間単位の課金は発生せず、ユーザーはKubernetesのエージェントに対する料金を支払うのみとなる。

 またMicrosoftは24日、「Azure Container Registry」(ACR)の一般提供を開始したとも発表している。これに伴い、新たに3つのサイズが追加されている。さらに同社は、ACRのジオレプリケーションのプレビュー版の提供も発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]