編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフトとレッドハット、コンテナサポートで連携強化

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-08-23 10:36

 MicrosoftとRed Hatは米国時間8月22日、提携を一層強化し、エンタープライズユーザー向けのハイブリッドコンテナにおける「Windows Server」関連のサポートを拡充していくと発表した。

 両社はこの発表で、「Red Hat OpenShift Container Platform」上でのWindows Serverコンテナと、「Microsoft Azure」上での「Red Hat OpenShift Dedicated」、「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)や「Red Hat OpenShift」上での「SQL Server」に対するネイティブサポートを追加すると述べている。

 Red HatのコンテナアプリケーションプラットフォームであるOpenShiftは、「Kubernetes」に基づいて構築されており、単一プラットフォーム上でLinuxと「Windows」のワークロードの双方をサポートする。2017年5月の「Red Hat Summit」で披露されたこの機能は、Windows Serverのサポートとともに2018年の春にテクノロジプレビューとして利用可能になる予定だ。

 Azure上でのRed Hat OpenShift Dedicatedは、2018年の初めに利用可能になる予定だ。またMicrosoftが同日述べたところによると、RHELとOpenShift向けの「SQL Server for Linux」は、数カ月中に一般提供が開始され、両社によってサポートされるという。

コンテナ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]