PDF Report at ZDNET

産業用IoTの潮流、現実と課題

PDF Report@ZDNET

2017-11-28 17:00

 法人市場や産業市場は今後IoTの主戦場になり、2020年までにコンシューマー市場の2倍近くとなる3000億ドル規模に達する。経営コンサルティング企業Bain & Companyが「Choosing the Right Platform for the Industrial IoT」(産業用IoTのための適切なプラットフォーム選択)というレポートの中でそのように予測している。

 レポートでは、製造業者をはじめとする企業は今この時点で腰を上げ、自社の出発点と能力に基づいて適切なIoTプラットフォームを見極めるためにリソースを集中させる必要があるとしている。一方、業界企業の幹部らはIoTへの投資について、いかにして手をつけるべきかで頭を悩ませていることが浮き彫りにされている。

 また、GEによるデジタルトランスフォーメーションの実際の進捗状況を把握するための調査の結果は、産業用IoTからメリットを求める企業に対して課題と機会の両方を意味するものとなった。産業用IoTの現状や課題、そうした考え方が生まれた背景などについての記事をまとめた。

産業用IoT(IIoT)の現状や課題

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]