編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
海外コメンタリー

Linuxの採用を推進してきたミュンヘン市が「Windows 10」回帰へ--経緯と展望 - (page 2)

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-11-29 06:30

 職員からは、断続的に発生するITの問題についての報告が市議会に上がっているものの、過去の調査では、Windowsと「Microsoft Office」に戻りたいと考えている職員は少数派だった。ただし、IT部門に対しては批判的な声が出ており、人事部門はオープンソースソフトウェアに移行して以来、クラッシュや印刷エラーによって生産性が「顕著に低下した」と述べている。

 2016年にはAccentureとarfによってミュンヘン市のITに関する調査が実施されたが、その結果、同市ではソフトウェアのアップデートや不具合の修正に時間が掛かりすぎており、「ITシステムが時代遅れで、部分的には安全ではなく、多くの場合極めて扱いにくいものになっており、大きな時間の無駄と生産性の低下が起こっている」ことが判明している。ただし問題の原因とされているのは、オープンソフトウェア自体ではなく、同市が抱える20以上のIT部門が連携できていないことだった。

 ミュンヘン市の緑の党でリーダーであるFlorian Roth氏は、オープンソースの利用が同市のITの問題を引き起こしたわけではないのに、なぜOSの切り替えに、市議会がそれほど多額の出費を行わなければならないのかと疑問の声を上げた。

 同氏は「ITの改善が絶対に必要だということには同意する。しかし、Microsoftへの完全な回帰という高コストなモデルと、それに伴う経済的負担が適切かどうかは、議論の余地がある」と述べている。

 同市議会は、Windowsへの移行以外に、試験的に6000シート分の「Microsoft Office 2016」を導入し、仮想マシン上で試用することにも同意した。

 試用の結果については2018年末の市議会で議論し、オープンソースのOfficeスイートである「LibreOffice」をMicrosoft Officeに切り替えるかどうかを判断する。Microsoft Officeへの移行が承認された場合、移行は2021年に開始され、2023年末までに完了する予定だ。

 また同市は、Windows 10への移行とOffice 2016の試用を行うのと同時並行で、IT部門の構造改革を進めるほか、仮想化の利用を組織全体に拡大していくという。

ミュンヘン市
提供:kanuman/Getty Images/iStockphoto

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]