編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

複数システムに分散した会員データを統合--日本アルコン、SaaS型マーケ基盤を導入

NO BUDGET

2018-01-29 12:04

 コンタクトレンズを製造販売する日本アルコンは、SaaS型のマーケティング基盤を導入した。複数のシステムに分散していた会員の利用データを統合し、ポイントの獲得や利用状況を会員単位で把握できるようにした。

 同社では、自社と販売店でそれぞれに会員組織を管理していた。各会員に対するコミュニケーションの強化が課題となっていた。しかし、各会員の利用状況は別々のシステムで管理されていたため、組織を横断したデータの可視化が困難だった。

 そこで、SaaS型のマーケティング基盤「activecore marketing cloud」を導入し、各会員組織のデータを統合。会員単位のポイント獲得や利用状況を可視化できるようにしたほか、販売店ごとの登録会員数やポイントの獲得や利用状況を分析する工数も削減した。

activecore marketing cloudの活用イメージ
activecore marketing cloudの活用イメージ(出典:アクティブコア)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]