海外コメンタリー

オープンソース誕生から20年--プログラミングやビジネスをどう変えたか

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2018年02月09日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今では、世界中のあらゆる企業がオープンソースソフトウェアを使っている。かつては最大の敵だったMicrosoftも、今ではオープンソースの熱心な支持者だ。Windowsでさえ、オープンソースの技術を使って作られるようになった。Googleで検索をするにしても、Amazonから本を買うにしても、Netflixで映画を見るにしても、Facebookで友人の休暇の写真を見るにしても、裏側ではオープンソースが使われている。2018年2月3日に20歳になったばかりの、まだ新しい技術的アプローチとしては、なかなかの成果だと言っていいだろう。

 フリーソフトウェアはコンピュータが初めて登場した頃から存在したが、フリーソフトウェアとオープンソースの概念は、どちらも比較的新しいものだ。1970年代と80年代には、独占的なソフトウェアを作ることによって利益を上げようとする企業がいくつも設立された。生まれたばかりのPCの世界では、フリーソフトウェアのことはほとんど知られていなかった。しかし、UNIXやITS(Incompatible Timesharing System)が主流だったインターネットでは、事情が違っていた。

 70年代の後半、当時マサチューセッツ工科大学(MIT)のプログラマーだったRichard M. Stallman氏(RMSとも呼ばれていた)は、プリンタのユーティリティを自分で書いて使っていた。しかし、ある日キャンパスに届いた新しいレーザープリンタのソフトウェアにはソースコードが付いていなかったため、Stallman氏はこれまで使っていたユーティリティの機能を、そのプリンタで利用できるようにすることができなかった。怒りを覚えたStallman氏は、「フリーソフトウェア」の概念を生み出した

 同氏の目標は、フリーなOSのカーネル「Hurd」を作ることだった。そのため同氏は、1983年9月に「GNUプロジェクト」の立ち上げを発表した(GNUは「GNU’s Not Unix」の略だとされている。再帰的な頭字語だが、当時はこのような頭字語を使うのが流行していた)。同氏は1984年1月に、フルタイムでこのプロジェクトに取り組み始めた。Stallman氏は開発を支えるため、オープンソースのコンパイラ群となる「GCC」や、OSのその他のユーティリティを作った。また同氏は1985年の前半に、フリーソフトウェア運動の基本綱領である「The GNU Manifesto」を発表し、Free Software Foundation(FSF)を設立した。

 Stallman氏の活動は数年間は順調に進んだが、独占的なソフトウェアを販売する企業との衝突は避けられなかった。同氏が開発したエディタ「Emacs」から派生した「Gosling Emacs」がUnipressに買収されたことが1つの転機になった。同社はこれを独占ソフトウェアとして販売し、Stallman氏にソースコードの配布を停止するように迫った。Stallman氏は、このような事態が再び起きるのを避けるため、1989年に「GNU General Public License」(GPL)を生み出した。これが世界最初のコピーレフトライセンスだ。このライセンスは、ユーザーに対してプログラムのソースコードを使用、コピー、配布、修正する権利を与えている。ただし、ソースコードに変更を加えて他人に再配布する場合、修正したコードを共有することが義務づけられた。これ以前にもフリーソフトウェアのライセンスは存在したが(例えば1980年代に作られた、4項目の条文からなるBSDライセンスなど)、フリーソフトウェア・オープンソース革命を起こしたのはGPLだった。

 1997年には、Eric S. Raymond氏が「伽藍とバザール」と題した重要なエッセイを発表した。同氏はその中で、GCCや、Linuxカーネル、自分自身のプロジェクトである「Fetchmail」での経験などを例として示しながら、フリーソフトウェアの開発手法が持つ利点を明らかにした。このエッセイが示したのは、フリーソフトウェアの強みだけではない。同氏が説明したプログラミングの原則は、アジャイル開発DevOpsへの道を切り拓いた。21世紀のプログラミングパラダイムは、Raymond氏に非常に多くのものを負っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]