調査

職場におけるAI、従業員は"慎重に楽観視"

Bob Violino (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2018年02月21日 14時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界の多くの国で、労働者は職場における人工知能(AI)対して慎重に楽観視しているが、恐怖や懸念の主な要因は、自身の企業からAIのインパクトなどに関して透明性が十分に示されていないことだと考えているという。Coleman Parkes Researchと人材管理サービス企業KronosのThe Workforce Instituteが調査結果で明らかにした。

 調査は2017年11月~2018年1月に、8カ国(オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、メキシコ、ニュージーランド、英国、米国)の約3000人を対象に実施され、「Engaging Opportunity: Working Smarter with AI」というレポートにまとめられている。このレポートで、約5人に4人がAIはより魅力的で活力のある職場体験を生み出す重要なチャンスと見ていることがわかった。

 一方で、企業で働く従業員の約3分の1(34%)が、AIが完全に自分たちに置き換わる可能性について懸念を示しているという。

 従業員の多くは、AIが時間のかかる社内プロセスの簡素化や自動化、仕事の負荷のバランス改善、主観的な意思決定における公正さの強化などを実現したり、マネージャーが個々の従業員に影響するより良い選択ができるようにしたりするのであればAIを歓迎するだろうとしている。

 半分以上(58%)は、AIの労働力への影響について従業員とまだ議論していないという。しかし約3分の2は、将来どのようになるのかということについて雇用主がより明瞭に示していれば、安心感を得られるだろうと述べている。

 調査を行なった国で最も情報が明らかにされていない傾向があるのは米国だった。回答者の67%が、自社のAI計画について何も知らないと回答した。カナダ(66%)、英国(62%)も同様に明確にしていない傾向が強い。

 米国の中で透明性が高い業界は、金融サービスと銀行(38%)、製造(35%)、物流・運輸(27%)などで、すでにAIが将来労働力に与える影響について従業員に話をしていることがわかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算