編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
コンサルティング現場のカラクリ

IT部門の苦悩(4)--相変わらずプロジェクトは失敗する - (page 2)

宮本認(ビズオース )

2018-03-17 07:30

 いよいよシステムテストに突入。もうすぐだ。でも、パフォーマンスがでない・・・・・・。データベースをチューニング、アプリもチューニングする。劇的に向上すると、拍手喝采だが、そうなることは少なく結局狂乱状態に陥る。「金で解決しよう」「やり直そう」という暴論がむしろ魅力的に映る。ハードウェアをどんどん投入。プログラミングを再設計する。中には、「ここテストを実はしなくていいんじゃないか?」とテストのスコープを見直す(縮小)ことさえある。もう、理性も何も、あったものではない。

 そこに追い打ちをかける化け物が姿を現す。移行だ。ERP導入時には良くあったことだが、移行前のシステムと移行後のシステムのデータベースの設計の考え方があまりに違っていると、そもそもマスターデータが入らない。システムの柔軟性を上げようとすると、マスター化を進める方がいいに決まっているのだが、従前そこまでマスターデータ化が進んでいないと、結局はプログラムのロジックをマスターデータを登録する側が理解しなければならない。そんなこと、勘の良いユーザーならばできるのだが、そうそういるものではない。結局は、長い格闘は終わらない。

 それでも、こうしたことを乗り越えられると、プロジェクトはなんとか終わることができるのであるが、それで行けるかどうかわからない。まず、何度もコストを上げてくれと、コンサルティング会社やベンダーから要求される。当初は我慢してくれるだろうが、何度も出てくる新要件や要件変更にもう耐えられなくなる。予算の再申請を何度もやり直すこととなる。

 そして、スケジュールの見直しだ。やるべき作業、解決すべき課題と今いる陣容。そもそも作業や課題が分かっていないこともあるし、幸運にもわかっていても、到底できそうにない。見直しをかけるのはいい方なのだが、「いつならできるんだ」と何度も経営から言われても、正直、いつ終わるかは、プロジェクトマネジャーさえわからない。

 なぜなら、問題の全貌など見えていないからだ。本来は、そのためにPMOがいるのだが、彼らはプロジェクトを回すことはできる。止めるべきタイミングであっても無理して進める風に見せることはできても、適切なタイミングでプロジェクトを止めるだけの勇気や見識は持ち合わせていない。結局は、単に動かしているだけだから、結局のところ「ヤバい」ということくらいしかわかっておらず、本当のところのプロジェクトの状態はわからない。

 こうして、失敗プロジェクトが作られていく。誰かが、2-2-2の法則と言っていたのを聞いたことがある。当初の計画から、予算は倍、やりたいことは半分、スケジュールは倍という意味らしい。25年前から、こうした失敗プロジェクトはしばしばあった。25年たった今も、変わらず失敗プロジェクトは再生産されている。そして、コンサルティング会社とベンダーは儲ける(大損を出すときもあるが)。

 こうしたことをやり続ける部門は、決して社内で尊敬されることはない。むしろ、ダメ部門の烙印を押され、レッテルを張られることになるだろう。そう思われるのは、仕方がないような気がする。

宮本認(みやもと・みとむ)
ビズオース マネージング ディレクター
大手外資系コンサルティングファーム、大手SIer、大手外資系リサーチファームを経て現職。17業種のNo.1/No.2企業に対するコンサルティング実績を持つ。金融業、流通業、サービス業を中心に、IT戦略の立案、デジタル戦略の立案、情報システム部門改革、デジタル事業の立ち上げ支援を行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]