編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

SAPジャパン、SMB向けパートナー商材の承認制度を本格展開

藤本和彦 (編集部)

2018-04-11 07:00

 SAPジャパンは4月10日、パートナー企業が同社製品を用いて開発したソリューションを承認し、事前定義済みパッケージとして提供する中堅中小企業向け「パートナー・パッケージ・ソリューション承認制度」を本格展開すると発表した。特定の業種や業務向けに事前に設定、開発、動作保証したテンプレートをもとに短期間、低コストでの導入を可能にする。

 従来の「SAP Business All-in-One for SAP S/4HANA, on-premise edition パートナーソリューション承認制度」は、統合基幹業務システム(ERP)「SAP S/4HANA」のオンプレミス版が対象だった。今回からS/4HANAのクラウド版をはじめ、中堅中小企業向けクラウドERP「SAP Business ByDesign」、SaaS型人事管理システム「SAP SuccessFactors」、SaaS型データ分析基盤「SAP Analytics Cloud」、モノのインターネット(IoT)や機械学習の機能をまとめた製品群「SAP Leonardo」などに対象を拡大する。

 パートナー企業は、ERPのほかに人事管理や分析基盤などを組み合わせた、より柔軟なシステムをパッケージで提案できるようになる。承認を受けたパッケージには「SAP Qualified Partner-Package Solution」のロゴが付与される。現在は5社5製品が承認済みとなっている。

 同日に開催した記者会見では、同社の中堅中小企業向け事業の概況も明らかにされた。2017年はグローバルで9300社の新規顧客を獲得し、その内の85%が中堅中小企業だった。日本に関しては、中堅中小企業の新規顧客数は2016年と比べて2倍に増え、デジタルマーケティング経由の案件創出数は2.5倍に拡大した。

 新規顧客については、「国産パッケージを導入する企業が世界進出を機に乗り換えるケースが多い」(SAPジャパン 常務執行役員 ゼネラルビジネス統括本部 統括本部長 牛田勉氏)という。

 それを踏まえ、2018年の事業施策は、「クラウド製品ラインアップの拡充」「パートナー協業モデルの強化」「認知度の向上」を挙げる。特に、大企業向けだった調達・購買システム「Ariba」を中堅企業向けにも展開する。また、中堅中小企業向けウェブサイトをリニューアルするほか、ERPページの開設などのブランディング活動も積極的に展開する。

 さらに、人工知能(AI)を活用したマーケティング活動も行う。ドイツ、オーストリア、米国では既に実施している取り組みであり、デジタルマーケティング活動を通じて潜在ニーズのある中堅中小企業をAIで特定し、有望な営業先を提示する仕組みとなっている。

牛田勉氏
SAPジャパン 常務執行役員 ゼネラルビジネス統括本部 統括本部長 牛田勉氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    アンケート調査で分かった日本企業のIT活用課題、迫りくる「2025年の崖」克服の救世主とは?

  2. 経営

    セールスエクスペリエンスを向上させる鍵「パイプライン管理と予測」を知る

  3. セキュリティ

    3つの側面に注目! 安全なテレワークを実現するセキュリティの勘どころ

  4. クラウドコンピューティング

    データドリブン企業がこぞって採用する「クラウド向けに構築された唯一のDWH」

  5. セキュリティ

    「我が社のシステムはどのくらい安全なのか」と役員に問われたら?--「リスクベースの脆弱性管理」の基本

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]