編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
松岡功の一言もの申す

富士通とNEC、新年度業績予想「減収減益」の“異常事態” - (page 2)

松岡功

2018-05-01 10:00

両社首脳のリーダーシップが問われる2018年度に

 両社の首脳もそのことは重々承知のようだ。富士通の田中達也社長は決算会見で、「これまで事業ポートフォリオの見直しによる“形を変える”取り組みを着実に進めてきた成果が2017年度の利益向上に表れた。一方で、事業の中身の“質を変える”取り組みについては、2017年度において改めて課題が浮き彫りになった」と説明。その課題として、先行投資のリターンが不十分なこと、ネットワーク事業において市場環境の変化への対応が遅れたこと、想定以上に不採算が拡大したことの3つを挙げた。


富士通の決算会見。左から田中達也代表取締役社長、塚野英博代表取締役副社長/CFO

 その上で、「多額のマイナス影響を及ぼしたことに強い危機感を抱いており、2018年度は改めて徹底した対策を講じる。将来的な成長を見据えて、より厳格な投資の集中と、改革を必要とする事業領域の体質強化に躊躇なく手を打っていく」と強い口調で決意のほどを示した。

 一方、NECの決算会見は富士通と同じ時間帯だったので筆者は直接取材できなかったが、報道によると、新野隆社長が「2018年度は構造改革をやり切り、2019年度以降につながる成長の第一歩となる年にしたい」との決意を示したという。ちなみに、図3に示した2020中期経営計画のロードマップでは、2018年度を節目に成長軌道に乗せる計画だ。


図3:NECの2020中期経営計画のロードマップ(出典:NECの資料)

 筆者はかつて尊敬する経営者から、「新年度の業績予想において当初から減収減益の計画を立てるのは、どんな事情があるにせよ、経営者として恥ずべきことだ。それでも打ち出すのなら、それがどれほど異常事態であるか、その危機感を社内の士気に変える努力を自ら先頭に立って誠心誠意行うべきである」と聞いたことがある。

 果たして、富士通の田中社長、NECの新野社長のリーダーシップはどうか。その手腕に注目しておきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]