ServiceNow Knowledge

中心は人--ServiceNowのCEOが語る仕事のトランスフォーメーション

末岡洋子 2018年05月10日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ServiceNowが5月7日から、米国ラスベガスで年次イベント「Knowledge 18」を開催している。実質上の初日となる5月8日の基調講演では、2017年4月にプレジデント兼最高経営責任者(CEO)に就任したJohn Donahoe氏が、「将来の仕事の姿を一緒に作ろう」と呼びかけた。

職場のレボリューションが起こる―――中心は人


ServiceNow プレジデント兼CEOのJohn Danahoe氏

 同社は、ITサービスマネジメント(ITSM)をクラウドベースで提供するSaaSベンダーとして2004年に創業した。その後、ITSMの技術をベースにカスタマーサービス、セキュリティ、人事(HR)などと拡大してきた。プラットフォームとしての戦略を進めるにあたり、eBayのCEOなどを歴任してきたベテランのDanahoe氏を迎え入れ、新たなフェーズに入っている。

 その勢いを示すかのように、Knoledgeの登録者は1万8000人に上り、このうち8000人が初参加という。会期中、顧客がナレッジを共有するセッションが400以上用意されている。

 2回目のKnowledgeのステージを踏んだDanahoe氏は、まず「職場で革命が起こる」と予言する。初代iPhoneの登場からちょうど11年目となるが、この10年はiPhoneを始めとしたデバイス、サービスにより、コンシューマー分野で革命が起こったとDanahoe氏は振り返る。前職のeBayでそれを経験してきたというが、職場はどうか?――週末や仕事以外の時間はAmazonのAlexaに話しかけて情報を取得したり、Google Mapsなどの便利なアプリを使ったりしているのに、職場ではまだだ。「クラウドベースのサービスが、(自宅と職場の)ギャップを埋める」とDanahoe氏。「これから3~5年は職場で革命が起こる」と続けた。

 ServiceNowは仕事や作業をトランスフォームするための技術を提供する。「我々はパートナーとして長期にわたって共に実現したい」と、Danahoe氏は集まった顧客やパートナーに呼びかけた。同氏によると、優れた企業は(1)目的、(2)戦略、(3)文化――の3つが明確だという。基調講演では、ServiceNowにとっての目的、戦略について説明した。

 目的は、創業者のFred Luddy氏が創業時に打ち出した“普通の人が効率よく仕事をやりとりできるクラウドベースのプラットフォームを構築する”が、今でも中核だという。これを現在の文脈に当てはめ、新しいスローガン“We make the world of work, work better for people(新しい仕事の世界を作る。もっと人間のためになる)”を発表した。中心は、技術ではなく、人だ。これに合わせ、ロゴも変えた。新しいロゴでは、Nowの“o”がこれまでの電源ボタンから人をイメージしたものになっている。「技術だけでは仕事を変えることはできない」とDanahoe氏。


Knowledge 18では新しいロゴも披露した

 加えて同氏は、「我々は目的を持った目的主導型の企業だ。この目的が差別化になる」と語る。

 戦略では、聞く(listen)、学ぶ(learn)、行動する(act)を繰り返すのが、ServiceNowのフォーミュラだ。“聞く”では、業種や地域を問わず、どの企業も最優先事項がデジタルトランスフォーメーション――ソフトウェアにより崩壊される前に、どうやって技術を使って攻撃し、有利に進めることができるか――だという。

 ServiceNowへのニーズとしては、(1)実装のベストプラクティスを知りたい、(2)ユーザー体験の改善――の2つが、多く挙げられるという。(1)では、実装ベストプラクティスを改めて整理し、以下の4点を挙げた。

  • カスタマイズなしに(または最小限に)そのまま実装する
  • 最低でも年1回はアップデートする、などのガバナンスを持つ
  • チェンジマネジメントへの投資
  • ビジネス上のアウトカムを加速する

 このベストプラクティスにより、「顧客体験が10ポイント改善(サポートNPS:ネットプロモータースコア)し、セキュリティリスクを削減し、レスポンス時間が45%改善し、アプリ構築の時間が3分の1になる」などの効果があるという。コストにして、最大1100万ドルの削減も可能とDanahoe氏は述べる。ここでは合わせて、カスタマーサクセスチーム、カスタマーサクセスセンターなどの取り組みも紹介した。

 (2)では、機械学習、チャットボット、デザイン企業などの買収を重ねているとDanahoe氏、「素晴らしいユーザー体験をユーザーと共に構築する」と述べる。2日目以降の基調講演で詳細を説明する予定という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]