編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

日立とKDDI、グローバルでのIoT事業で協業

NO BUDGET

2018-06-11 12:06

 日立製作所とKDDIは6月7日、グローバルIoT事業で協業すると発表した。KDDIは、国ごとに仕様が異なるIoT通信の接続をグローバルで共通化し、IoTの通信接続からサービス展開、データ分析までサポートする「IoT世界基盤」を推進しており、これと日立のIoT基盤ソフトウェア群「Lumada」との連携を強化していく。

協業の概要
協業の概要(出典:日立製作所、KDDI)

 第一弾として、2018年7月から日立産機システムがグローバルに展開する産業用インクジェットプリンタにおいて、グローバル通信プラットフォームを試験導入する。

 産業用インクジェットプリンタは、食品などの製造ロット番号や消費期限などの印字を行う機器。印字品質の管理や製品の安定稼働の支援のために遠隔モニタリングの導入を図っているが、グローバルで安定的に導入するには、通信環境面で課題があった。グローバル通信プラットフォームを活用することで、セキュアかつ高品質な通信環境のもと、データの大容量化にも対応可能となる。これにより高品質な遠隔モニタリングのグローバル展開が見込めるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]