編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

吉野家HD、SAPのクラウドサービスを4種類導入へ

ZDNet Japan Staff

2018-07-03 13:02

 吉野家ホールディングスは7月3日、SAPのクラウドサービスのうち4種類のサービスを導入すると発表した。7月中に導入プロジェクトを開始するとしている。

 同社が採用したのは、クラウドERPの「SAP S/4HANA Cloud」、分析の「SAP Analytics Cloud」、クラウド連携基盤の「SAP Cloud Platform」、人事・タレント管理の「SAP SuccessFactors」の4種類。

 傘下にある牛丼の吉野家やうどんのはなまる、寿司の京樽、レストラン運営のアークミールなどの各社で個別に運用している基幹システムや関連システムを統合し、業務の再構築と効率化を図るために、グループ全体の管理部門領域におけるシステム刷新を検討していたという。

 採用サービスの選定では、今後の状況変化に柔軟に対応できることがポイントになり、パブリッククラウドやインメモリデータベース、機械学習などの新規技術への対応からSAPのクラウドを採用した。

 今後は、SAP S/4HANA Cloudをグループ共通の経営基盤システムとし、SAP Analytics Cloudを用いた経営状況の可視化、グループ各社のPOSデータの分析を行うほか、人事領域ではSAP SuccessFactorsで目標や評価の管理、後継者計画、人材育成、人員配置の最適化、社員のエンゲージメント向上などの課題解決に利用するという。

SAPのクラウド採用でグループ各社の管理システムを統合する
SAPのクラウド採用でグループ各社の管理システムを統合する

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]