編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IoTの進展を支える5つの技術--セキュリティ、LPWANなど

Bob Violino (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-07-23 12:49

 企業がどうやってIoTを活用するか--有益なデータが集まることを願い、さまざまな製品にセンサを実装して接続する企業は増えており、この問題は多くの企業に共通した課題になりつつある。

 コンサル企業のDeloitteが先ごろ、IoTの導入を加速する5つの「進歩のベクトル」を発表した。Deloitteによると、この進歩のベクトルはあらゆる産業やIoTに適用できるものではないものの、IoT導入における重要な課題に答えるものだという。

 企業はIoTイニシアティブへの投資を増やしているが、IoTプロジェクトがうまくいかなかったり失敗する例は増えている、とDeloitteはレポートに記している。だが、情報セキュリティ、データ管理、パフォーマンスなどの分野における改善が、IoT投資管理の改善につながると見ている。

 最初のベクトルはセキュリティだ。新しいデバイスは、IoTを安全にするという技術的な課題の克服を支援し、機械学習技術はデバイスを接続するネットワークを安全にするのに役立つようになっているという。

 2つ目のベクトルはプラットフォーム。IoTハードウェア、ネットワーク、アプリケーションの統合を容易にするソフトウェアの登場により、IoTソリューションの開発と実装が容易になっているという。

 3つ目のベクトルは低消費電力、広範囲のカバーを特徴とする新たな通信方式LPWANだ。低コストで接続性を提供し、消費電力の要求も低いことから、世界で人気を集めているとDeloitteは記している。バッテリで動作するセンサーを搭載し、地理的に広い分野に展開するIoTアプリケーションにとっては、重要な進歩である。

 4つ目のベクトルは、機械学習、コンピュータビジョンなどの人工知能(AI)技術だ。IoT生成データの分析や運用上の意思決定の自動化で使われることが増えている。

 5つ目のベクトルはエッジ・アナリティクスだ。IoTデバイスが生成するデータの分析が、物理的に近いエッジで処理されることが増えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]