編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Skype for Business Online」機能の「Microsoft Teams」移行に向け準備整う

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-27 11:12

 Microsoftは7月に開催されたパートナー向けカンファレンス「Inspire」で、「Microsoft Teams」グループチャットプラットフォームが「Skype for Business Online」に機能面で追いついたと参加者に述べた。米国時間8月24日、MicrosoftはSkype for Business Onlineの機能をTeamsに移植するロードマップを実現したと述べた。

 Microsoftは24日のブログ記事で、「われわれはSkype for Business Onlineの特徴と機能性をTeamsに移植する当社のロードマップを完了したことを発表できてうれしく思う」と述べた。

Microsoft
提供: Microsoft

 Microsoftは2017年、Skype for Business OnlineをTeamsグループチャットプラットフォームに移行させる計画を発表した。

 24日のブログ記事で、Microsoftは「この数週間」にTeamsに追加したメッセージング、会議、通話などに関する機能や、デバイスエコシステムの強化について説明している。

 MicrosoftがSkype for Business Onlineの機能をTeamsに移植する取り組みで、今回最も多くの機能が追加されたのは通話関連の機能だった。通話キューや自動応答、通話をグループに転送する機能、不在時のサポート、ダイレクトルーティング関連の機能などが追加されたという。

 Skype for Business/Teams移行に関するMicrosoftのロードマップには、複数の企業向け音声機能が「2018暦年第4四半期に提供予定」として記載されている。コールパーク、グループコールピックアップ、ロケーションベースのルーティングのプレビューなどだ。Microsoftの広報担当者によると、これらの機能はSkype for Business Onlineには搭載されていなかったという。

 Teamsへの移行に関して、Microsoftは、Skype for BusinessとTeamsを同時に使う場合や、完全にTeamsに移行する場合のベストプラクティスやリソースなどに関するセルフサービス型のガイダンスを提供している。また、「Microsoft Teams & Skype for Business Admin Center」でアップグレードや移行のためのツールが用意される。これらのツールは、2018年中にOffice 365の全顧客に提供される予定だ。

 また、MicrosoftによるTeamsへの自動アップグレードがオプションとして提供される予定だ。対象となるユーザーには、電子メールやOffice 365 Message Centerで通知される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]