編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
山谷剛史の「中国ビジネス四方山話」

中国の老人が「TikTok」を使いだした

山谷剛史

2018-09-12 06:00

 中国の老人というと、公園や広場で太極拳を楽しんだり、机で麻雀やトランプに興じたり、食堂でにぎやかに語らったりしている印象があるかもしれない。またハイテクに非常に弱い世代という印象があるかもしれない。これはPCが主流だった5年前まではそうだったが、スマートフォンしかほぼ売られなくなって久しい昨今では、老人もスマートフォンを活用するようになった。

 老人用端末といえば、小米(Xiaomi)が老人用のシンプルな携帯電話をリリースすると発表した。新端末では微信(WeChat)を利用できないが、既に老人同士が微信のグループチャットで写真や動画を投げ合うようになっている今、老人のフィーチャーフォンへの回帰はないだろう。

 現在、老人のインターネットユーザーは、老人人口比の2割程度である8000万人超となっている。写真を撮ったり、微信を送受信したりするばかりの中高年は少なくない。一方で、それ以上にアプリを入れて活用する中高年も少なくない。

 騰訊(Tencent)が発表した「老年用戸移動互聯網報告(老人ユーザーモバイルインターネットレポート)」によると、50歳以上のモバイルインターネットユーザーがよく使うトップ20アプリの中に、若者に人気のソーシャル動画アプリ「抖音(TikTok)」やカラオケアプリ「全民K歌」、フォトレタッチアプリ「美顔相机」がランクインしたという。

 他にもシェアサイクルアプリの「Mobike」や、広場や公園でのダンスアプリの「糖豆広場舞」、それにレシピアプリ「下厨房」もランクインした。トップ100となると、その42アプリが投資系の金融アプリが占め、15アプリがテレビショッピングアプリ、13アプリが文章をシェアしてお金を稼ぐ広告アプリとなっている。

 また中高年のモバイルインターネットユーザーは好奇心があり、85.8%がアプリを20以上、約半数がアプリを30以上インストールしているという。ロースペックなスマートフォンを家族や親族から買い与えられることが多く、同レポートはアプリを入れ過ぎないよう促している。

 もう一つ調査レポートを紹介する。阿里巴巴(Alibaba)系のAnt Financialなどが発表した「ba媽的移動互聯網生活報告(父母のモバイルインターネット生活レポート)」によると、老人も若者同様、オンラインショッピングで消費しているという。モバイルインターネットユーザーは、阿里巴巴系のECサイトの「淘宝網(Taobao)」や「天猫(Tmall)」などで、支払いに利用する「支付宝(Alipay)」を運用する投資信託「余額宝(Yu'e Bao)」を活用し、その平均運用額は7000元(約11万3000円)近いという。

 オンラインで消費する商品では、シャツ、下着、スマートフォン、エアコンが人気で、またブランド別では、ソニーやキヤノンなど中国国外のブランドも注目。若者は中国国産の商品で満足する傾向があるが、中高年には日本ブランドの人気が根強い。またECで国内・国外旅行を予約しようとする動きも見られる。中高年もスマートフォンを所有し、使いこなすようになり、働き盛りの世代とは別に消費をするようになったといえる。

 騰訊や阿里巴巴は中高年ユーザーを注視するようになった。騰訊は老人向けのアプリを出すようになり、阿里巴巴は60歳以上の「商品体験師」を年収40万元で募集し、老人に商品を販売しようと模索している。日本のテレビでは若作り用の健康食品や化粧品など老人向けのコマーシャルがよく流れるが、こうしたものの情報を中国向けに配信することで、大きな反響が起きるかもしれない。

山谷剛史(やまや・たけし)
フリーランスライター
2002年から中国雲南省昆明市を拠点に活動。中国、インド、ASEANのITや消費トレンドをIT系メディア、経済系メディア、トレンド誌などに執筆。メディア出演、講演も行う。著書に『日本人が知らない中国ネットトレンド2014』『新しい中国人 ネットで団結する若者たち』など。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]