編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

9割の回答者が「クラウド上のデータの半数以上は機密性の高いデータ」--オラクル・KPMG共同調査

NO BUDGET

2018-09-21 12:37

 KPMGコンサルティングと日本オラクルは9月19日、「オラクルとKPMGによるクラウドの脅威レポート 2018年」を発表した。同リポートは、両社が共同で実施したクラウドセキュリティに関する意識調査の結果をまとめたもの。

 これによると、回答者の90%が、自社がクラウド上に保管しているデータの半数以上が機密性の高いデータであると答えており、83%が、パブリッククラウド環境のセキュリティについて、自社のオンプレミス環境と同等あるいはより安全であると考えていることが分かった。

 同調査は、米国、カナダ、英国、オーストラリア、シンガポールの5カ国のサイバーセキュリティおよびIT専門家450人を対象にしている。

 その他の結果として、84%の企業が高度な攻撃者から効果的に防御するために、より多くの自動化を活用するとコミットしており、41%がクラウドセキュリティアーキテクトを設置していると回答した。一方、自社にセキュリティアーキテクトを設置していると回答した企業は31%だった。

 しかし、従業員によるPC操作などのセキュリティイベントデータを効果的に分析し、それに対処できているとする回答は14%にとどまっている。また、36%の回答者が、モバイル機器とアプリケーションの利用拡大によりアイデンティティ/アクセス管理(IAM)の統制と監視が困難になると回答している。

 さらに、パブリッククラウド環境を利用する企業の98%が、サービスを利用する前にパブリッククラウドサービスプロバイダー(CSP)のセキュリティ体制の評価を行っていると回答している。しかし一方で、自社でCSPのセキュリティ体制の評価を行っているとした企業は47%にとどまり、52%の企業は第三者に評価を依頼しているという。

 サイバーセキュリティのための機械学習の利用については、29%が機械学習を限られた範囲で既に使用しており、18%の回答者は機械学習を広範に使用し、24%が既存のセキュリティツールに機械学習を追加利用していると回答した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]