編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

JVCケンウッド、基幹システムをNECデータセンターに移行

NO BUDGET

2018-10-23 10:43

 JVCケンウッドは、基幹システムを含む大規模システムをNECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」と「NEC神奈川データセンター」に移行した。NECが発表した。

 新環境は、IaaSとデータセンターのハウジングサービス活用によるハイブリッドクラウド環境で、7月から本格稼働している。移行後は事業継続性計画(BCP)強化と運用管理コストの50%削減を実現している。移行プロジェクトの期間は4カ月で、既設のデータセンターからNECデータセンターへサーバおよびネットワーク機器約300台(16ラック)の物理的な移設と、クラウド環境に構築された仮想サーバの移行を、わずか2日間の業務停止時間で実施できた。

システム構成図
システム構成図

 JVCケンウッドでは、東日本大震災の教訓や、近年の予想を超える異常気象・大規模災害を考慮し、さらなる事業継続性の強化と、複雑化する社内システムやクラウドの運用効率化を目指し、今回の移行に踏み切った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]