編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

マイクロソフト、ケープタウンとヨハネスブルグにデータセンターを新たに開設

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-03-08 10:07

 Microsoftは米国時間3月6日、南アフリカ共和国のケープタウンとヨハネスブルグに新たにデータセンターを開設し、新たなクラウドリージョンの運用を開始したと発表した。これらデータセンターでは現在、「Microsoft Azure」が顧客に一般提供されている。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 同社は南アフリカ共和国にデータセンターを開設する計画を2017年5月に発表していたため、今回その約束を果たしたことになる。

 これらの新施設は同社にとって、アフリカ大陸での最初の大規模データセンターだ。同社はこれらデータセンターで、2019年第3四半期までに「Office 365」を、同年第4四半期までに「Dynamics 365」を利用できるようにする計画だ。

 同社は、世界各地に54のクラウドリージョンを保有していると発表している。

 Amazonも2020年を目処に、同社にとってアフリカ大陸で初となるデータセンターをケープタウンに開設する計画だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]