Google Cloud Next

Google CloudのAI機能を拡大--「AutoML」強化、「AI Platform」など発表

Stephanie Condon (ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-04-11 12:35

 Googleは米国時間4月10日、「Google Cloud Next」カンファレンスで、多くの人工知能(AI)ツールやスマートアナリティクスツールについて発表した。文書に基づくデータ構築や在庫予測といった一般的なビジネス上の課題にAIを応用することにフォーカスしたものだ。

 Googleはまず、ベータ版の「AI Platform」を発表した。これは、エンドツーエンドの開発プラットフォームで、機械学習プロジェクトでチームのコラボレーションを支援する。開発者やデータサイエンティスト、データエンジニアが、「Cloud Console」内の共通のダッシュボードからモデルの共有や訓練、ワークロードのスケーリングを実行できるようにする。

 さらにGoogleは、2018年に発表した機械学習モデルの構築を自動化するソフトウェア「Cloud AutoML」のアップデートを発表した。

 今回Googleは、構造化された表形式のデータセットを基に機械学習モデルを構築してデプロイできる「AutoML Tables」のベータ版をリリースしている。ユーザーは数クリックで、「BigQuery」やほかの「Google Cloud Platform」(GCP)のストレージサービスからAutoML Tablesにデータを取り込める。

 新しい「AutoML Video」のベータ版も発表されている。開発者は、動画コンテンツを自動的に分類するカスタムモデルを容易に構築できるようになる。メディアやエンターテインメント業界の企業が、コマーシャルの自動削除やハイライト映像の作成といった作業をよりシンプルにできるようになる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]