編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

NTT Com、ServiceNow活用の運用管理サービス--セルフマネジメント環境を構築

藤代格 (編集部)

2019-04-25 07:15

 NTTコミュニケーションズ(千代田区、NTT Com)は4月24日、統合運用管理サービス「Global Management One ITSM Platform」を発表した。SaaS型のITサービス管理(IT Service Management:ITSM)基盤「ServiceNow」を、従来は実際にエンジニアが監視、運用していたフルアウトソース型運用管理サービス「Global Management One」のラインアップに追加するという。5月7日から提供する。

 導入済みの機器情報などIT環境の検索、収集を自動化できるServiceNowを、NTT Comが持つ長年のノウハウに基づき設定。導入時に発生する設計開発期間や構築コストを削減するという。

 インシデントや構成など、抽出する管理機能情報に加え、NTT Com独自の監視機能情報を収集。運用担当者やマネージャーなど、各利用者向けの独自のダッシュボード画面とあわせて提供するという。構成変更が多発するシステムでもユーザー自身で最新状況を正確に管理可能。運用のセルフマネジメントを志向するユーザー向けのサービスとしている。

新/従来サービスの概要(出典:NTT Com)
新/従来サービスの概要(出典:NTT Com)

 ServiceNowは、PaaSやSaaSとして提供される運用管理サービス。プラットフォーム「Now Platform」上で様々なアプリやサービスをワークフロー化し、ユーザーのデジタルトランスフォーメーションを促進するという。アルファベット順の名前を取り、およそ半年ごとでバージョンアップを実施している。最新バージョンは3月に公開した「Madrid」。

 導入後バージョンアップがあった際の動作確認もNTT Comが実施するため、継続利用における負担の軽減が可能。ユーザーは月額利用料金のみで活用できるとしている。

 利用料金は、管理、監視対象となるサービスや機器数によって変動するため個別見積もり。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]